2017年09月19日

9月16日の講習会

3連休の初日、しかも大型台風が近づき、
午後から雨の予報が出ている微妙な日でしたのに、参加者21名
すご〜い、皆さん熱心! ありがたいことです。

9月の課題は「鍋敷き」わらで作ります。

nabesiki.jpg

このパターンの鍋敷きです。
細いわらや、わらのハカマを集めて、土台を作ります。
この土台作りが肝心。
程よい大きさ、均等な円型、そしてしっかり固いこと。
その芯のサイズに寄るのですが、25cm位にわらを切りそろえて用意。
また、最後に縛り留める縄をわら1本×1本で綯っておきます。
そして編み始めます。

皆さん、完成品をお持ち帰ることが出来ました!?

9月はもう1回、明日の水曜日が体験講習です。
長房ふれあい館で開かれます。

私の書き込みが遅いものだから、直前のお知らせに
なってしまいましたね。ごめんなさい。

興味のある方は是非、いらしてください。


posted by ふみ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

フリースのぞうり

フリース生地でぞうり作りをしました。

私事ですが、昨日の水曜日の午後、お友達のお友達たちに
個人宅でぞうり講習を行いました。参加者7名。

フリース地は温かいので、これからの季節に履き心地が良い。
家で履いて動くと、フローリングがピカピカになって良い。
その理由で、フリース生地を買ってきて用意されていました。
布の伸びが少ない方向で幅7cm、長さ1m位に切り、準備。
フリース地なので厚みがあるので、早く編めます。
鼻緒も同じ布を使い、左綯いでつけました。
鼻緒を立てる部分は、通常なら芯縄を使って立てるのですが
それだと、せっかくのフリース感が損なわれるので、
編み紐に使ったフリースを半分(3cm)にして、
鼻緒に掛け、足の厚みの部分は2〜3個、左綯いして裏側に通し、
底側で、芯縄を押さえるように結びました。
このやり方だと、簡単です。
生地が厚いので、履いた時も親指を支えてくれます。

初心者の方がほとんどでしたが、2時間半ぐらいで全員が
1足作ることが出来ました。
フリース紐、7本〜8本で出来てしまいます。

参加者のH田さんご夫妻のぞうりです。

20170913フリース.jpg

素敵でしょう! 
とても上手に出来ているでしょう!
履くと足裏が温かく、しっかり締めて編んでいるので
履き心地も良い感じ。
ただ、少し滑る感があるので、階段などの上り下りには
気をつけないと危なそう〜。

いつもは不要な浴衣などの綿布をおすすめして作っていましたが
フリース地は有りかも!
1m位づつ、別な色を買い、皆でシェアすれば
配色も素敵で、案外、安価に出来上がるのですね。
良い勉強をさせていただきました。

終了後は、美味しい手作りの巻き寿司や、デザートを
ご馳走になり、楽しいひと時を過ごしてきました。

皆さんも冬にも、ぞうりを履きたいと思ったら
是非、フリース生地でお試しください。



posted by ふみ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

10月11月の講習予定

課題は「縁起物」
何だか、抽象的でわかりませんね。
きちんと、決めていないのです。ごめんなさい。
一応、正月飾りになるような
「鶴」「カメ」「来年の干支のイヌ」などを作ろうかと。
小物なので、1回の講習参加で作品を作り上げることが出来ます。

10月7日(土)クリエイトホール 第2創作室
10月18日(水) 長房ふれあい館 多目的室
11月4日(土) クリエイトホール 第2創作室
11月15日(水)長房ふれあい館 多目的室

いずれも午後1時から4時半頃まで
体験料 1000円(材料費込み)
申し込み不要です。
直接会場にお越しください。
持ち物は「はさみ」「作品持ち帰り用の袋」ズボン着用

興味をお持ちの方、是非、ご参加ください。
お待ちしております。

posted by ふみ at 23:02| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作品展終了

9月5日から始まった「第9回 伝承の技 わら細工展」が
昨日10日(日曜日)に終わりました。
多くの方に来ていただきました。
感謝です。

課題のすかりバッグが並ぶコーナーです。

IMG_4537小.jpg

同じく課題の「花入れ」が並ぶ一角です。

IMG_4535小.jpg

ご来客で、お名前を頂ける方は芳名帳への記入をお願いしました。
今日、整理をしていましたら、ずいぶんと遠方より
お出での方もいらっしゃいました。
初めて見てくださる方、毎年来てくださる方など、
どんな動機でいらして、どんな感想をお持ちになっただろうか?
もっと、たくさんの方とお話をしたかったと悔やんでおります。

6日間、途切れることなくお客様が会場にいらしたこと、
お友達に声掛けして、呼んでくださった会員さん、
また、展示、会場当番、片づけ等、ご協力いただいた会員さん
差し入れ等お気遣いくださった皆様。
ありがとうございました。
WEB上で失礼ですが、お礼申します。

楽しくて、充実した作品展でした。

また、第10回が開けるよう、頑張ります〜!
頑張ってもらいます〜。
posted by ふみ at 22:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

作品展開催中

5日の火曜日に始まって、本日3日目。
6日にも朝日新聞さんの多摩版に記事を載せていただいたので
おかげさまで会場には閑古鳥が飛んでくる気配は無し
ありがたいことです。
当番で会場にいながら、出品作を丁寧に見ることも出来ず、
夕方の片づけ時間になって、とりあえず全体像をと
写真を撮ってきました。

IMG_4541全体像.JPG

来てくださる方にも言われることですが
わらのイメージであるような伝統的な作品が少なく、
現代風なものが多いです。
そして今年課題になった作品を中心にするので
昨年とはガラッと雰囲気が変わっています。

また、今年は会員さんのAさんが指導している八王子の万町の
グループが作品を寄せてくれました。
写真、手前の展示台にあるPP籠やいぐさのバッグなどが
それです。
いぐさのバッグは、畳表をそのまま使い、書類入れに
仕立てています。
とっても独創的で面白い。
その発想に刺激を受けます。

展示会にお運びいただき、ご自分でも作ってみたい。
体験講習に出てみたい。と、思って下さったら
うれしいことで、こちらの思惑でもありますが
私達の作品を見て、ヒントが浮かんだり、何かの参考に
なったり、自分も何かやらなくては〜という
刺激になれば、大変、幸せです。

10日、日曜日まで開催しております。
午前10時40分から午後5時まで。
最終日は午後4時で終わります。

八王子駅北口、駅を背にして左手に東急のビルが見えます。
そのお隣の郵便局前から会場の村内ファニチャーアクセス
送迎バスが出ております。
午前10時20分
午前11時は00分と40分
午後12時は20分
午後1時は00分と40分〜

奇数時間は20分発の1時間に1本
偶数時間は00分と40分発の2本です。

北3階の樫の木ホールです。

お越しをお待ちしております。


posted by ふみ at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

作品展開催

今日、午後1時より作品展開催で〜す!

saigou.jpg

西郷どん、連れの犬(名前はツン)、鎮座しました。
なかなかヨカ男に仕上がったと製作者たちは自画自賛。
いかがでしょうか?

おかげさまで、初日から盛況でした。
朝日新聞社立川支局、読売新聞立川支局、ショッパー社、アサココの
4誌に掲載いただき、新聞記事を切り抜いてお出でくださった方も
いらしてうれしかったです。

皆様について歩きながら、作品説明などしたかったのですが
何せ、初日のこと、バタバタとしてしまい行き届かず
愛想の無い対応も多々あったと存じます。
失礼をお許し下さい。

お運びいただいたこと、大変感謝しております。
ありがとうございました。

今日より、日曜日まで午前10時40分から午後5時まで。
最終日の日曜は4時までですが開いております。
開場には名札を付けた会員がおりますので、
是非、声をかけてください。
お待ちしております。
posted by ふみ at 22:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

バッグと布ぞうり作品

「やっと、出来上がりました!」
今年、入会のSさんが出来上がった作品を持参。
いぐさの「すかり」です。
これが入会しての最初の作品になります。
持ち手や留めのボタンは手芸屋さんで買ったものをつけたとのこと。
素敵な雰囲気のバッグになりました。

20170826suwa.jpg

底の方から、編み始めているので
底と、バッグの上の方は編み方が同じなのに模様が
違うように見えます。
長い時間をかけて、仕上げているうちに「綯う」ことにも慣れ
編み込む作業にもリズムが生まれ、上の部分は底と比べると
すごい技術の進歩が見て取れます。
諦めず、仕上げてくださって、ありがとうです!

下の写真は3歳のお孫さんにプレゼントするため
26日の講習会の時間で仕上げたK川さんのぞうりです。
色合いが良く、鼻緒も小さいお子さんが履きやすいよう
丸4つ組で作り、鼻緒を立てるのも一般のやり方ではなく
履いて痛くないよう工夫してあります。

IMG_4325.JPG

とっても可愛らしい作品になりました。
posted by ふみ at 23:29| Comment(0) | わら・いぐさ細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぞうり作りのポイント

8月26日土曜日、クリエイトホール。
参加者15名。今日はお休みの人が多め。

IMG_4318.JPG

課題は布ぞうり。

わらで作る時と、同じ方法で作ります。
何度か作っている人も久しぶりのせいか
初めて作る人と同様に確認しながらの作業。
作る過程で、何か所かコツがいるところがある。
顧問のO先生が、「自分のやり方はこうなんです〜」と実演。
皆、手を留め、周りを取り囲み、見入る。

IMG_4320.JPG

上の写真は、草履が編みあがって、芯縄を引くところ。
その芯縄で「鼻緒」を立てる作業に入る前の段階で
「かかと部」を丸くきつく作りながら、芯縄を引くところ。
輪になっている芯縄を左右の足指に掛け、足を広げることで
交点(かかと部)を引き締め芯縄を全部引く前に丸い形を作ってしまう。
その後、交点部分を保ちながら、左右の縄を引いてくる。
更に編み目が積むように、芯縄を足の甲に巻き、指にかけて
ぞうりを自分の方(手前)に動かすことで引き締める方法が
下の写真になります。

IMG_4322.JPG

何足も作っていくと、より良くするために工夫が生まれます。
それは人によって違います。
先輩たちの方法を見せていただき、
自分に取り込んでいくことによって進化があります。

今日のO先生の技は「なるほど〜」の技でした。
かかと部がへこみ、まわりが上がり、かかとをホールドする感じに
仕上がります。

私が他の先輩から聞いて、やっている技は
中心部が若干膨らみ、まわりは高さが変わりません。

足裏やかかとを刺激するので、健康に良いという草履。
履き心地は好みでしょうから、どちらが良いとはわかりません。
早速、試して作ってみます。

何度も、何足も作っていても新しい発見や学びがありますね。

ご指導、ありがとうございました。
posted by ふみ at 23:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

読売新聞9月1日

また作品展の案内がメディアに取り上げていただけました!

今日、読売支局から電話があり
9月5日から開催の作品展の案内が

9月1日 多摩版 イベント情報のコーナー
取り上げてくださると、連絡がありました。

写真も載せてくださるようです。
作品展のシンボルとなる「かかし」のお話をさせていただきました。
共同作品作りが3回目となること、
大きさが等身大で、目を引くものになること。
課題で取り上げた「すかり」の出品が多いこと。
他にも大物作品である「猫つぐら」や「円座」なども並びます。と、
何だか夢中になって伝えてしまいました。
「楽しそうですね〜」と言ってくださったので
すかさず「是非、いらしてください!」とお誘い。

どんな記事になるのか、楽しみです。

読売新聞を購読の皆様、忘れずにチェックをお願いします。

おかげさまで、またまた来場者が増えそうです。
読売支局、ご担当者様に感謝です。
ありがとうございます。

posted by ふみ at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

遠方からの体験参加者

共同制作のこの日、わら細工体験をしたいと参加された方。
大阪にお住まいがある方です。
このブログを見て、習いたいと思ってくださったとのこと。
ご実家が神奈川県で帰省と、私共の講習日を調整してこの日に
いらっしゃいました。
神奈川県大磯のご実家から、車で高速使って1時間。
「わら馬」といぐさを使っての「鍋敷き」作りに挑戦です。
「わら馬」を作り、復習にもう1頭作り始め、
鍋敷きも作り方、要領を覚え、出来上がりは宿題になりました。

「作ることが好きなので、楽しい。近くなら毎回参加したい」と
言ってくださいました。
遠方から貴重な時間を使っていらした期待に応えられたかなぁ〜?

また、是非、機会を作っていらしてくださいね。
お待ちしております。
宿題もメールで「写真提出」してくださること期待しています。
posted by ふみ at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする