2017年10月30日

八王子市農業祭

11月11日(土)午前10時〜午後4時
11月12日(日)午前10時〜午後3時30分


会場:旧東京都産業技術研究所八王子支所跡地

八王子農業祭が開かれます。

JR八王子駅と京王八王子駅間にある「保健所前」という
信号を南に少し入ったところにあります会場です。

その会場の一つのテントの中で、「わら細工作品の作製指導」
を致します。
短時間で出来る、簡単な作品をご来場の方と楽しみます。

会場内は野菜の即売会や各地の名産品などの販売も行われ
楽しい催しものです。
駅に近く、交通便利な所ですので是非、お出かけください。
そして、私たちのブースへお立ち寄りください。
お待ちしております〜!

posted by ふみ at 23:24| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生涯学習フェスティバル

朝から小雨の10月28日
八王子駅近くの生涯学習センターでフェスティバルが開催されました。
全館を使っての催し物で賑やかでした。
私達の会は10階の第5会議室。
エレベーターを降りてから左手奥のお部屋で目立たず
お客様の入りを心配しましたが、
館内めぐりのシールの配布場所でもあったため
小さなお子様から大人まで100名超のご入場者があり、まずまず。
また、9月の作品展をご覧いただいた方がこちらへも来てくださり
お話したり、体験をされたり、私共も楽しい時間を過ごせました。

入口の写真です。
目立つように作品展で展示した「西郷隆盛さんとイヌ」の
「イヌ」だけを持ち込み、飾りました。
子どもたちに何に見えるか尋ねましたら、
残念ながら「イヌ」という即答はなく、「馬」が多かった!?

IMG_4720.JPG

会場内は壁面にいくつかの締め縄と蓑をすっきりと配置。

IMG_4721.JPG

まわりのテーブルに笠や雪靴、わら草履、いぐさのバッグなどを置き
小さなお子様には自由に身に着けていただきました。

また、別のコーナーには縁起物の「だるま」と干支の「イヌ」
だるまはA藤さんの手作りです。
この「だるま」の作り方を指導してくれないかと
おっしゃる方がいたとか・・

IMG_4722.JPG

この機会を与えてくださった「八王子教育委員会」様、
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
良いパフォーマンスが出来、感謝です。



posted by ふみ at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

しめかざり 祈りと形展

今、武蔵野美術大学民俗資料室ギャラリーで
しめかざり 祈りと形
開かれています。
〜11月18日(土)まで
時間 10:00〜17:00
日曜日はお休みです。

全国各地の様々な形のしめ縄が飾られています。

私も会の仲間と小雨ふる21日に観賞してきました。
雨も降って、早い時間でしたので、混んではいなくて
ゆっくり、たっぷり眺めてくることが出来ました。
実は開催に当たって、ほんの少し、お手伝いをさせていただく
光栄な機会がありました。
そのため、様子は大体わかっていたのですが
私達の作業の後、ライトや説明書きや配置の手直しなどが
行われ、素晴らしい空間に生まれ変わっておりました。
うっかり全体像を撮ってくるのを忘れてしまいました。
(写真も自由に撮っていいのです)
下の写真は壁面のほんの一画です。

20171021musabi.jpg

どれも、珍しく、生まれた地の思いが込められていて
見飽きることがありません。

是非、興味のある方はお出かけください。
めったにない機会です。

私達は国分寺の駅から大学行、あるいは小平行のバスに乗って
行きました。本数が多くないので調べてからお出かけください。
さらに楽しかったのは「学食」でランチをしてきたことです。
しばし、はるか昔の学生気分が味わえてうれしかったです。


posted by ふみ at 11:01| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月18日の講習会

長房ふれあい館で行いました。
参加者19名
課題は「縁起物」
来年の干支の「イヌ」、「鶴・亀」を各々が選択し、
取り組みました。
出来上がった作品を写させていただきました。

20171018takahasiinu.jpg

他の方の作品も、続々出来上がりました。

20171018inu.jpg

「イヌ」は
顔の長さ・ふくらみ、耳の位置・大きさ、体の形、・太さ、
足の長さ、巻き尾の具合など、ほんの少しの加減で
とても凛々しい犬に出来上がることもあるし、
何だかロバみたいになってしまったりで、難しいのです。
上の1体だけのイヌは、久しぶりに川越からいらしたTさんの作。
とてもいい感じに仕上がって、素晴らしい。
3体揃ってのは、何やら寄り集まって、会議を開いているようで
可愛らしい姿です。
それぞれ個性が出て、楽しい作品になりました。

11月も同じ課題に取り組みます。
興味のある方は、是非。ご参加ください。



posted by ふみ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

本日、脱穀。

今日は先月末頃に稲刈したわらを脱穀する日。
雨続きのために、納屋に干しながら置いてる稲も、
そろそろ外の空気にさらさないといけない時期と言われている。
何としても予定通りにこなしたい。
朝からの作業予定だったが、天気予報の「午後から晴れ」に
合わせて集合時間を午後1時に変更。

寒さ対策の身づくろいをしながら、幾度となく外を見たことか・・・
11時になっても、まだ雨が降っていて・・・
出かける12時ごろになっても、ポツポツ〜
晴れることを願って出発。

お日様が顔を出すことはなかったけれど、雨は止んだ。
参加人数10人
作業時間が短いので、気合を入れての作業開始。
途中、足踏み脱穀機が経年劣化のために空中分解し、
代わりをM山さんが知人から借りてきて間に合わせるという
トラブルもあったが、何とか予定通りの分量をこなすことが出来た。
脱穀機を操った方、わらをすぐって束ねてくれた方、皆さんのおかげ!
あとの残りは、M山さんが他のグループが脱穀するときに
一緒に処理をしてくれるとの事。
目途が立って良かったのだが、今年は細工用のわらの収穫は少ない。
納屋に取り入れることが出来ずに、田んぼに干したわらは
雨のために使い物にならない状態らしい。

異常気象が恨めしい〜

まぁ、嘆いても仕方ない事。
大切に使いましょう。

明日の午前中は晴れ。
今日、持ち帰ったわらが生乾きなので干さなくては。
分担して、わらを持ち帰ってくださった
A藤さん、U井さんよろしくお願いいたします。

脱穀の報告でした。



posted by ふみ at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

第14回生涯学習フェスティバル

八王子市教育委員会主催のフェスティバル

八王子市生涯学習プランの基本理念
「市民・地域ともに高めあう 学びのまち〜
みんなが まなぶ いかす つながる〜」にもとづき、
市民が自ら学習活動を行うきっかけをつくること、
参加者がすれあう学びあう交流の場を作ることを目的とする。

29年10月28日(土)午前10時から午後5時
八王子市生涯学習センタークリエイトホール

---*
作品展示とミニ体験で、今年も参加させていただきます。
10階の第5学習室です。

市内で活動するグループが参加、ステージや発表の場で
毎回、とても賑やかで見どころ満載の催し物です。
飲食の販売もあり、どの年代の方も楽しめます。

是非、お出かけください。
そして、10階の第5学習室にお立ち寄りください。
お待ちしております〜!

posted by ふみ at 23:04| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月7日の講習会

10月に入って1回目の講習。
参加者26名。うちビジターさんが5名もおられました。
課題は「縁起物」
来年の干支のイヌとか鶴、亀を作りました。
各自の希望で「イヌ」と「かめ・ツル」班に分かれました。
皆さん、一つは作品を完成してお持ち帰りされました。

鶴や亀は作り方がたくさんありますが、この日はこの形。

IMG_4670.JPG

同じ材料、同じような本数で取り組んでも
出来上がりは十人十色。個性が出ますね〜

さて、犬。
12年前より、少しはマシなものをとあれこれ試作をしましたが
力及ばず・・・・

IMG_4671.JPG

馬? ねずみ? ロバ? と、いわれる始末。
少しはイヌらしくなるよう、目鼻をつけたけど・・トホホ
講師のU井さんが12年前に得た、作り方のプリントで
皆さんを指導してくれました。
そのレシピでつくってみたのが下の写真です。

IMG_4669.JPG

目鼻の付いたものがレシピ通り。
細身でバンビのように見えるので、
ボディ部分にわらを足してみたのが右側。
数をこなしながら、小さな修正を入れたら犬らしく
なっていくでしょうか?
皆さんの出来上がり作品を見せていただきながら
勉強していくことにします。
10月、11月はこれらを作っていきます。
1回の参加で、作品は出来上がります。
興味のある方は、是非、体験講習にいらしてください。

次回は18日(水)長房ふれあい館 多目的室です。
午後1時から4時半くらいまで。
持ち物は「はさみ」、作品を持ち帰り用の袋。
申し込み不要です。
参加費は材料込みで1000円です。
直接会場にお越しください。





posted by ふみ at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

稲刈り

今日、9月27日。
今年度(2017年)の稲刈りをしました。
天気は快晴、夏の暑さも去り絶好の稲刈り日和
本日のミッションは黒米のたんぼ1枚分とうるち米のたんぼ1枚。
他所の田んぼの倒れてしまった稲の刈取りを少々。
これに立ち向かうは8名。

食欲の秋?だからか・・・
何気に体力をつけてしまっていた我等若干名。
水を抜いている田んぼなのに、乾いておらず、体が沈んでいく〜
足が抜けない、身動きとれない、来年は体重管理が必要だのと
田んぼに慣れ、刈る作業の要領を得るまで大騒ぎ!
その後は、休憩で英気を養いながら順調に進んだ。

IMG_4606hasagake.jpg

最初に刈り取った黒米。
茎や葉の緑と実の黒のコントラストがきれい!
でも、今夜から天気は雨の予報なので、干したものの
田んぼを管理してくださっているM山さんの物置に運んだ。

IMG_4608inekari.jpg

刈り取った稲をハサガケ作業の風景。

IMG_4605saigou.jpg

作品展で展示した西郷さんの再就職先。
仲間のかかし達と田んぼを守っている。
なんといっても、彼の目力はすごい!
ここで務めを果たしたら、次は近隣の幼稚園で
子どもたちを見守る役を与えられるそうな〜良かった。

ちなみに西郷さんの連れであった犬は我が家の玄関にいます。
10月28日の生涯学習フェスティバルに展示のため待機中。
その後の居場所は探してやらねば〜〜

IMG_4564inu.jpg

話はそれてしまいましたが、稲刈り終了。
お天気にもよりますが、3週間ほど干したら脱穀作業をします。



posted by ふみ at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

鍋敷きの作り方

鍋敷き、昔は子供が正月前に作ってお駄賃稼ぎになったとか
新しい鍋敷きを得た家は、それまでの古いものを捨て
お正月から新しいものを使ったとか・・
各地方や各家によって、色々な作り方をしたのでしょうね。
「鍋敷き」を課題に取り上げることによって、ここで新しく知った?
発見した?2種の作り方です。

その1

IMG_4570nabesiki.jpg

芯を形作ったら、わらA(1〜2本)を側面に押し当て
下から輪をくぐり、右から出し、押し当てたわらの前を
通って左下に流す。(青の動き)

わらBも同様にする。

A,B2本巻いたら、立っているAをBの後ろを通って左側に

また、C1本加えて、最初のAの動かしかたをしたら
BをCの後ろを通して左側に。これを繰り返す。

左側に編み進んでいく。
そのやり方で作ったのが下の写真(私の愚策)です。

IMG_4590ito.jpg

-------------*-*
その2が下の方法です。

IMG_4591hasomesiki.jpg

これで作っているのがH染さん。あと少しで完成。

IMG_4586hasome.jpg

側面はこんな感じ。

IMG_4585hasome.jpg

どんな方法で作っても「鍋敷き」は「鍋敷き」で、
注意してみなければ、どれも同じように見えるのでしょうが
私達にとっては、「オーっ!」こんなやり方もあるのか・・
という、興奮的な発見なのです。
楽しいことなのです。

興味のある方は是非、お試しください。
また、もし、どこかで珍しい形でも見かけたら、お知らせください。


posted by ふみ at 00:06| Comment(0) | 作品の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

9月20日の講習会

9月2回目の講習会が長房で行われました。
参加者12名。
課題は「鍋敷き」
会で教える基本型は「円座」の端の始末と同じパターン。
それでも編みとめる位置によって、形が変わります。

nabesiki.jpg

上のは芯の側面中央で編みとめています。基本型。
ところが、S藤さんが作った鍋敷きは、ネットで販売されていた
物を真似て作ったとかで芯を太目にし上部で編みとめました。
食べ物のドーナッツ型みたいになり雰囲気のあるものになりました。

IMG_4587satou.jpg

一つの技法でも、芯の形、編みとめる部分を変えることで
いくつもの形が出来ます。
楽しいですね〜
でも、まだ続きがあります。
講師のU井さんが昔作った図面を見せてくれました。
また、会員のH染さんが友人の作っている鍋敷きの写メを
見せてくれました。
どれも作り方が違うのです。
奥が深い〜〜
そこで、各自がそれらを再現して作ってみました。
作り方を次に載せます。

その前に、今日はお一人ビジターさんが見えました。
わざわざ江東区から、いらしてくださったY森さん。
鍋敷き作りは初めての体験という事でした。
1回の参加で技法が違う作り方で2個作り上げていきました。

IMG_4589yukimori.jpg

上手に出来ているでしょう。
よ-く見るとね、作り始めの目と後半の目では締まり方が違い
きれいに揃ってきています。
初体験で、鍋敷き一周する間に習熟しています。
すごいですね〜
また、お出で下さいね。

posted by ふみ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする