2011年02月11日

竹細工展 その2

わら細工の会で先生役をしているSさんの作品。

バランスちょうちょ
蝶の羽に貝がはめ込んである「螺鈿」模様

PICT0008ちょうちょ.jpg

寄せ竹細工のちょうちょ

PICT0009寄木ちょうちょ.jpg

こちらも、わら細工の会員さんになってくださったGさんの作品
衝立(ついたて)
椿の絵は季節によって、入れ替えが出来るようにはめ込み式
PICT0020ついたて.jpg

同じくGさんの作品
雑誌の写真を見て作った実在のだんごやさん
PICT0021だんごや.jpg

こちらもGさんの作品
川越の「時の鐘」、ご本人は川越に出向いたことはなく
写真を見て、裏側は正面ののぞき窓から、中を想像して
作ったそう〜。スゴ~~イ!!
PICT0025時の鐘.jpg

PICT0024時の鐘裏.jpg

こちらの作者はご自分の竹細工の展示場を持っているとか
井戸端の風景
PICT0026井戸端.jpg

展示会場に入る会談の踊り場にある大きな扇

PICT0027扇.jpg

さまざまな竹の種類

PICT0028竹種類.jpg

一番上の黒い竹は節の所の形から「そろばん竹」
次は「ホテイタケ」布袋さんが持っている杖
3番目は「キンメイタケ」
4番目は不明
5番目は「クロタケ」
6番目のゴツゴツした感じのは「キッコウタケ」
亀甲の形をしている。



posted by ふみ at 23:51| Comment(0) | 竹細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹細工展 その1

わら細工の会で先生役をする会員さんが「竹細工の会」でも
活躍しています。
その所属している会で、展示会が開かれました。

すべてが「竹」素材とは思えない出来栄えで、技巧というか
アイデアがすごい〜!
写真撮影の許可をいただいたので写してきました。
目の保養になりますし、制作のヒントが出てくるかもしれません。
ご覧ください。

PICT0003竹展1.jpg

細い竹を編み、色紙掛け。
竹の皮で、「魚」。これは「わら」でも作れそう。

PICT0004色紙掛魚.jpg

御所車。竹のカーブがすごい。
PICT0007御所車.jpg

竹でできている「虫」

PICT0010虫.jpg

急須。南部鉄器のような風合い。陶器のような風合い。
PICT0011急須.jpg

急須

PICT0012竹急須.jpg

水差し? 魔法のランプのような・・

PICT0013ランプ.jpg

posted by ふみ at 23:31| Comment(0) | 竹細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

竹トンボ

PICT0011meisi2.jpg会員の作品です。手のひらで回転を加えて飛ばす竹とんぼではありません。
「バランスとんぼ」です。本体の二箇所にかける所があり、絶妙のバランスでユラユラ〜と。見ていて飽きません。癒されます。
ラベル:竹製品
posted by ふみ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする