2018年07月09日

わら細工で国際親善

全くの私的な話しですが、
今日は嬉しいことがありました。
我が家の隣には、外人さんが住んでいます。
ご主人はオランダ人、日本語勉強中だそうで、主に英語。
奥様はデンマーク人、こちらは大学の先生で学生時代に
日本に留学していたこともあり、日本語と英語。

夫は片言の英語で、結構、折々に積極的に話しかけています。
内気な私は、会えば日本語であいさつ程度。
一か月前くらいでしょうか、ご主人のご両親が日本に遊びに来て
滞在しておりました。
来る前に、夫に来日することを嬉しそうに話していました。

明日は帰る日という情報が夫から入ったので、
作り置きのあった「布ぞうり」「鍋敷き」「ミニほうき」等々
細々した日本らしいものを駄作を顧みず
お土産にしていただければ幸いとプレゼントしました。

直接、ご両親にではなく、日本語のわかる奥様に預けました。
びっくりした顔をしていました。
何しろ細かいコミュニケーションが取れないので、
どう思われたのかも解らずじまい。

そしたら、今日、庭で草むしりしていると
ご夫婦が「コンニチハ〜」と、声をかけて来て
カード付の包みを差し出すのです。

中身は何か、自分たちも知らないのだけど
ご両親が私の手作り品を喜んで、お礼の品を送って来たとのこと。

二人の前で開けてみました。
小ぶりの四角いトレーでした。
チューリップの絵が描かれていて、オランダらしいこと。
パッケージをさして、オランダの自宅の近くの店だと言う。
カードはオランダ語で書いてあるので、
読んでもらって意味を聞くと
「その節はありがとう〜」と、名前のサインだとのこと。
喜んでいたと伝えてくださいと、言づけたけど通じたかな?

それにしても・・・
趣味のわら細工が国際親善に役立っちゃった!?

日頃から、もっと、きちんとした物を作りためておけば
何かの時に役立つかもしれない・・と思いつつ
そう出来ない自分であることを知っちゃっています〜。

勝手な呟きでした。







posted by ふみ at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

7月7日講習会

今月の課題は「ぞうり」
参加者14名。

6芯ぞうりに取り組みました。
一般のぞうりは4芯。6芯にすると足幅が広く取れ
目が細かくなるので、きれいで丈夫なものが出来ます。

作り方としては、芯紐のかけ方が最初のポイント。
その後のスタート部分の編み紐の回し方が4芯とは違います。
何回か編み紐を往復させた後は、4芯と同じように上下上下と
編み進む。その後の手順は4芯ぞうりと同じ。
鼻緒を入れる。
希望の足の長さになったら引き締め、鼻緒を立て、出来上がり。

つま先部分を布にして、あとは「いぐさ」にしたり
最初から最後まで、布で作る人など各人の好み。

IMG_549320180707.JPG

制作途中の写真です。

下の写真は先の課題であった「鮭」
出来上がったものを持参して見せてくれたW田さんの作品。

IMG_547620180707wada.JPG

次の写真はH染さんの「鮭」
小さな鮭は、凧糸で編んだもの。
掛けていく紐を中心に掛けるのではなく、
端(前段結び目)に掛けていくと、
模様が四角の編み目になっていく。
とうもろこしの食べ跡みたいに見えて楽しい。

IMG_547521080707hasome.JPG

使う材料、作り方によって千差万別の作品が出来る。
工夫次第ってこと、奥が深いですね〜
だから楽しいのですね〜

こうして色々見せていただくと勉強になります。
今日もありがとうございました。



posted by ふみ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食用ほおずき

今日の講習会に、会員のH染さんが去年に引き続き(?)
食用ほおずきを持って来てくれました。

IMG_5479.JPG

最初は苗を購入し、お庭に植えたものが、それからは種がこぼれて
毎年、育つようです。
凄い栄養価があるようなのです。
「凄い栄養価! 体に効用?がある」
そう聞いたとたんに、皆、有難がって食しました。
その反応に、H染さん、
「来年、苗が出てきたらお分けしましょうか?」
と、ご親切な一言。
即座に手を上げるものが数名。

普段、来年の話をすると元気でいられるか分からない・・・という
答え方をする人が、「は〜い!」って、
言葉と気持ちは裏腹なのか・・(笑)

楽しいお茶タイムでした。
ご馳走さまでした。





posted by ふみ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

古裂

共同作品の集まりの時に、
「山ブドウでカゴを編む」カルチャーセンターの講座に参加した
S藤さんが出来上がった作品を持参して見せてくれました。

2018070420090000.jpg

手ごろなサイズで、しっかりと丁寧に出来たバッグでした。
ハンカチの木の実が飾りとして下がっていました。
中には巾着袋が入っていて、その色合いも素敵でした。

彼女曰く、一番見て欲しかったのはこの巾着の生地なのです。
と、いう。
ご主人が小さい頃に使っていたもので、何かに使えないかと
とって置いたものを、出してきたそうです。
袖があり、長着のような形で夜着として使っていたそうな。
普通の布だと思って、広げてみたら・・・
裏側は継ぎはぎだらけでびっくりしたそうです。

2018070420110000.jpg

大きな継ぎや、小さな継ぎが縫いとめてあり、場所によっては
継ぎが二重にもなっていました。
でも縫い目は細かく、表側から見ると継ぎがあたっているようには
見えません。
表地が薄くなると裏からあてて、補強し
大切に大切に使われてきたのでしょう。

浅草に「田中忠三郎」さんのコレクションを集めて展示していた
アミューズメントがあって(今は閉館した)そこで見たボロと
同じようでした。
田中さんの故郷も青森、彼女のご主人のご実家も青森。
S藤さんの話しによると、これは布団の間に入れて使っていたと。
かいまきと違って、中には綿が入っていなかったと。
田中忠三郎さんの本にある「ドンジャ」と似ています。
そのドンジャは擦り切れた布を幾重にも重ね刺すので厚厚で
分厚く重たいものになるそうです。

S藤さんのご主人のドンジャはお祖母様が子供のために
なるべく、きれいな布を選び心を込めて縫ったものなのでしょう。

布には命があり、祈りが込められていた。と、本にはあります。

何十年という時を経て、また違う形で蘇った布です。
いいものを見せていただいて、心が震えます。
山ブドウのカゴの品位も上がりますね。
家宝に匹敵するものだと思う。

無駄のない暮らし、物を大切にする気持ち忘れてはいけませんね。




posted by ふみ at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月4日共同制作日

年に一度の恒例となった作品展が9月に開かれます。
その作品展に、共同作品を展示するようになって4年目。
最初は道祖神、次は母と子供のかかし、去年が西郷さんと犬。
そして、今年は・・・

まだ内緒にしておきましょうか。

今日はその作品作り1回目の集まり。
9名の有志が参加くださいました。
作りたいものを提案すると、
気の利いた方達が型紙を作ってくださり
皆でサイズを決め、
作る方法を考え
早速、取り掛かりました。
わらを準備する人、要所を抑える人、実際に作る人、
疲れると持ち場を交代していきます。
共同作品作りに手馴れてきたのか
チームワークよろしく、事が進みます。
一人では到底できないことが、
みるみる形になっていくのです。

何だか魔法を見ているような気持になりました。

楽しい時間でした。
参加の皆様、ご協力ありがとうございました。
あと1回の集まりで完成させなくてはなりません。
出来上がりがとっても楽しみです。
引き続き、ご協力よろしくお願いしますね。

皆様も是非、作品展にいらして見てください。
日程は9月初旬。
決まり次第、お知らせいたします。




posted by ふみ at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

6月20日の講習会

梅雨は開けていないのに、暑い日が続きますね。
蒸し暑さにボーっとしていると日は容赦なく過ぎてしまいます。
1週間前の講習会の様子を書きます。

この日は参加者9名。
都合でお休みするという連絡が4名いらしたけど・・
雨模様であったからか・・
近来まれに見る少なさ。

ところが、参加者は、これ幸いと作品の工夫をあれこれと話し、
復習をしたり、作品を見せあって学び、
マイペースで作品作りに取り組みました。
こんな日がたまにはあってもいいね〜と言いながら。

s-IMG_5457 20180620.jpg

これはS村さんの作品だったかな?
吊り下げる紐をつけたら、弁慶の出来上がりです。
丁寧できれいな作品ですね。

さて7月からは「ぞうり」になります。
「ぞうり」が初めての方は基本型を作りますが
ベテランさんには顧問のO先生から
6芯ぞうりか、2階草履を教えていただこうと思っています。

これからの季節、室内履きとして「ぞうり」はとても良いものです。
わざわざ布を買って用意しなくても、古布を使えます。
浴衣やシーツやTシャツなどを裂いて、リサイクルです。

興味のある方は是非、お越しください。

わら草履と同じ作り方をしますので、丈夫なものが出来ます。
ご参加をお待ちしています。

posted by ふみ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

7月8月の講習予定

7月・8月の課題は履き物で「ぞうり」にしました。

7月は「鮭」や「べんけい」が出来上がらない方は
続きをやって完成させていただきます。

「ぞうり」も人気の課題で、毎年のように取り上げています。
実用的に使えるように「布ぞうり」が主になりますが、
わらだけとか、わらを混ぜて、作っていただいても自由です。

また「足半」=アシナカと読みます。
普通の草履の半分の大きさで、かかと部分が無いものです。
ダイエットぞうりとして、履くことが出来ます。
こちらを作ることも出来ます。
ぞうりとは、鼻緒の立て方、芯縄のかけ方が違います。

ベテランの方は、自分で課題を設定して、取り組んでみてください。

私は「わらじぞうり」を作ってみたいと思っています。

日程です。

7月 7日(土) クリエイトホール 第2創作室
7月18日(水) 長房ふれあい館 多目的室
8月18日(土) クリエイトホール 第2創作室
8月29日(水) 長房ふれあい館 創作室

いずれも午後1時から4時半くらい。
持ち物は「はさみ」、草履の材料とする「布」、作品持ち帰り用の袋。

体験料は1000円です。

布は綿布の場合、8pの幅、長さ1mで14,5本必要です。
Tシャツや、シーツなどでも使えます。
(色合いを考え、鼻緒用の布を用意される場合は、
10p幅110p位のもの2本。)

申し込みは不要です、直接会場までお越しください。

お待ちしております。

posted by ふみ at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

6月9日の講習会

クリエイトホールで開かれた6月の講習。
参加者15名。
課題は「鮭」と鮭が出来上がった方は「べんけい」を作りました。

鮭は続々と完成者が出ています。

完成品の写真を撮らせていただいたのですが・・
誰のか分からなくなってしまった・・・

s-IMG_5437.jpg

サイズは40〜50p
丁寧に作り上げられていました。

また下の写真の鮭はミニチュアサイズ。
ストラップに出来そうです。
巻きつめていった縄は藁ではなく、いぐさで綯っています。
サイズ12p位。作者はS藤さん

s-IMG_5436.jpg

このサイズの物可愛らしいですね。
真似して作ってみたいサイズです。

鮭を作り上げてしまった方は、
前回から「べんけい」の土台(芯)作りをして、
縄を綯って、編み始めています。
「べんけい」は2年前に課題として、取り上げました。
経験者の方は、サイズや形に変化を加えて作ってみても
楽しいですね。

ネット上で見つけた「置き型べんけい」を真似て
作ってみたのが下の写真です。
早く形にしたくて、粗雑な作りでお恥ずかしい〜のですが
これを真似て、取り組み始めてくれた方達もいます。
更に工夫が重ねられて、よりきれいな作品が生まれると思います。
楽しみです。

s-IMG_5449.jpg





posted by ふみ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

田植え

昨日、6月6日、田植えをしました。
あいにくの小雨が降ったりやんだりの天気でしたが、有志11名が参加。

9時集合。
身支度整えて、いざ田んぼへ。
年に一度の田植え、去年のことはすっかり忘れていて〜〜

田んぼの先生、〇山さんからレクチャー
苗を植えてある田んぼから苗を抜き、一掴み分になったら束ねる。
わらを使っての束ね方は・・・・

s-IMG_5432.jpg

その後、苗5本位を一つにして、
田んぼの中、10名が横1列になって、目印に張った紐に沿って
手際よく植え付けていき、2枚の田んぼをやって終了。

雨は降ったりやんだりしていたが、全然気にならず作業が進められた。

終了後、待ちに待ったランチ。
おはぎやいなり寿司、卵焼き、サバ汁、漬物、パン、お菓子〜
皆さんの手作り、持ち寄りの物など心づくしが並んで、
賑やかにおしゃべりしながら、お腹いっぱい!
楽しい一日でした。

参加の皆さん、ご協力ありがとうございました。

posted by ふみ at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

5月23日の講習会

この日の参加者は12名。
課題は「鮭」

この「鮭」
更に、作り方に工夫が加わり進化しています。
鮭のボディ部分をより良い形にするために
綯った縄を巻きつけていく過程で、「あんこ」とする「わら」を
差し込んでいくのです。
そうすると背びれが良い曲線になります。
そんな方法を話していたら、
背びれとする縄を、今までわら4本×4本で綯っていたものを
この場合、出来た縄は直線状。
この縄を中心が太くなるように綯ったものを使ったら
良い形になるのではと・・・H染さんが考えつき試し始めました。
なる程のアイデア
3人寄れば文殊の知恵。
素敵な思いつきが生まれます。

下の写真は、完成した方達の作品です。
3点見えますが、一番上のは「鮭」ではなく
次回の課題にする予定の「べんけい」です。

s-IMG_5376.jpg

さて、この日はS藤さんが、あるワークショップに参加して
覚えてきたという「フレーム編み」を教えてくれました。
実はこの編み模様。
研修遠足で行った秩父のスカリ編み展で、バッグの手提げ部分として
使われていたものと同じ編み方のようなんです。
そのことに気が付いた彼女が、早速レクチャーしてくれました。

s-IMG_5377.jpg

簡単に見えるのですが、教わらなくてはわからない結びです。
タッチング結びというものです。

どういう使い方をしたのかというとコインなどの周りを
包み込むようにして編んだそうです。
S藤さんがコインの代わりにコンパス(方針磁石)で作ったものを
持参して見せてくれました。
とっても素敵です。

s-IMG_5378.jpg

私も帰宅後、家にあったコンパスで、早速試して作ってみました。
他にも応用が利きそうです。

凄い技を教えてくださって感謝です。
ありがとうございました。




posted by ふみ at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

5月12日の講習会

クリエイトホールにて、参加者14名。
課題は「鮭」

今日から始める人、前回の続きをする人など進行度は様々。
1匹を作りあげた方には、2匹目に挑戦するように勧めた。

作品一つ作り上げたら、もう作り方を覚えた。
それで良しとするのではなく、いくつも作ると気づきが出てくる。
仲間と一緒に作っていると、
仲間の手際とか、鮭の形の良さとかが目についたりする。

「その形、ふっくらして美味しそうな鮭になったね〜」

「その部分、きれいだね〜」などと声をかけると、

どうして、そうなったか
自分なりに工夫をしたところを教えてくれる。

「なるほど〜」と、感心する。

早速、取り入れて、真似をしてみる。
この次こそ、前作よりもより良く、という思いで作る。

私自身も1匹目より、2匹目の方がいい形になった。
そうやって、作り方も、作品も昇華されていくようだ。
それが楽しい。

講習会に参加すると、毎回、必ず何か教えられる。
得るものがあります。

興味のある方は、是非、ご参加ください。

次回は23日水曜日、長房ふれあい館であります。
お待ちしています。



posted by ふみ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

5月6日の古本市

古本市の協賛イベントというのかな?
八王子駅北口のユーロードで
「earth heart 〜地球と遊ぼう〜」というイベントが開かれ、
参加させていただきました。

当日は晴天なれど風邪強しで、テントが飛んでしまわないかと
心配もしました。

飲食から手作り品などの物販のお店やら
フラダンスやバンド演奏、歌などのパフォーマンスも繰り広げられ
賑やかな催しでした。

私達のテント設営場所は、その舞台に近く
おかげでそちらも楽しむことが出来ました。

有志5人の参加で、それぞれが作品を持ち寄り並べました。
毎度のことながら、物珍しさで足を留めてくださる方も多く
お買い物をしてくださったり、会の活動の宣伝も出来ました。

会員さんも陣中見舞いに来てくださったり
以前に体験参加された方も見えて、お話が弾みました。
ありがとうございます。
おかげさまで飽きることなく、一日が過ごせました。

たまには、こうした形で「会」を露出することは有意義だと感じました。

また、機会がございましたら、お知らせをしますので、
会員さんは売るための品を作って参加してください。
興味のある方は、お出かけになって
活動内容とか、どんなものを作っているのか見に来て
声をかけてください。






posted by ふみ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

みずき通りフェスティバル

4月22日(日曜日)
秩父に研修遠足に行った翌日の日曜日です。
この日は、ご紹介くださる方がいて初参加させていただきました。
会の有志5人参加です。
それぞれが作品を持ち寄り、販売しました。

八日町交差点から、本町に向かう南北の通りを歩行者天国にして
様々な団体や近隣のお店が出店。
2ヵ所の広場では、太鼓やダンスや歌などを披露するグループがいて
とても賑やかな催しでした。

作品にに目を留めてくださる方とお話をしたり、
知り合いが訪ねて来てくれたり
道行く人の中に知人を見つけたり、見つけられたりで
楽しく一日が過ごせました。

体験講習のチラシをお渡ししたりで、会の宣伝活動も出来ました。

ちょっとしたきっかけで、ご縁に恵まれ、
こういう機会を得たことは本当に感謝です。

連休最後の日曜日、5月6日も
八王子駅北口のユーロードで開かれている古本市にも
参加させていただきます。
天気予報も晴。
是非、お出かけください。
お待ちしております。




posted by ふみ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月21日研修遠足

とても充実した実りの多い遠足になりました。
忘れないうちに書かなくてはと、思っていながら
もう10日も過ぎてしまいました。 トホホ〜

遠足参加者 9名
西武秩父駅から、まずはスカリ展を開催している
「歴史文化伝承館」を目指しました。
そんなに広くはない会場なのですが
見るべきもの、力作が多く、作り手の方や指導なさっている方、
会の創始者の方がいらして、作品の前で足を留め、見入っていると
声をかけてくださいます。
編み方まで教えてくださいます。
写真撮影も自由。

材料のイワスゲです。
s-IMG_5300.jpg

この他にも、カラムシやラフィアなども素材に使っています。

s-IMG_5307.jpg

s-IMG_5305.jpg

気が付けば、会場滞在時間は1時間半。
もう、お昼。
次の予定地は秩父神社。向かいながら途中で食事をするところを探しました。
すると、目を引くお店を発見!

下駄屋さんです。
昔ながらの店構え。
ショーウインドウには下駄スケート靴など飾ってあります。

s-IMG_5326.jpg

その後ろには「蓑」も。
物珍しさにお店の中に。
レジスターは昭和の品。
大人数が店内に入り、見るものだから奥さんだけが店番をしていらしたのに
ご主人まで出てきて、冷やかし客なのに丁寧に応対してくださる。
私達の興味を引くものが判ったのか、
ご主人の趣味である全国各地から集めた民芸品を
店の隣にある私設の民芸館を開けて見せてくださる。

s-IMG_5335.jpg

s-IMG_5331.jpg

それはそれは膨大な数の品々。
所狭しと置いてありました。

焼き物の人形、お面、凧、羽子板、お雛様、
素朴で土地の匂いがするような素敵なコレクションでした。

偶然にもいいものに出会えたと感激して、お暇するとその隣の店は
防災用品などを扱う雑貨屋さん。
縄や麻紐、麻、ほうき、これまた見逃せない品々が並んでいて
またまた入り込む〜
そこで買い物をして、地元の方がご推薦の食堂を聞き目指す。

そのお蕎麦屋さんで、
ご当地メニューの「わらじかつ定食、小蕎麦付セット」をいただく。
午後1時を過ぎていたので、待たずに座れ、味も美味。

お腹が満足したところで、秩父神社。
参拝し、左甚五郎の彫り物がある社を一回りして
神社近くの老舗和菓子屋さんでお土産買って、
最後の目的地、芝桜の丘、羊山公園へ。

s-IMG_5336.jpg

帰り時刻を予想して、電車の時間を4つ調べておいていたのですが
結局、一番最後の案の電車に、何とか間に合う始末でした。

よく歩き、よく見、よくしゃべり倒した、楽しい遠足でした。










posted by ふみ at 00:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

earth heart〜地球と遊ぼう〜

『ゴールデンウィークの最終日をミンナで楽しもう🎶』

今年もゴールデンウィークの最終日に
earth heart』『朝市』『古本まつり』とのコラボで
横山町公園からユーロードにて
観て・聞いて・買って・食べて・参加して
ゴールデンウィークの最終日を大人も子供も一緒に楽しく盛り上がりましょ〜🎶

ユーロードでは
手作りの雑貨・工芸品や飲食などの販売、ワークショップを開催

横山町公園ステージでは
演奏・フラなどのパフォーマンスを開催

2018年5月6日(日) 10:00 - 17:00
横山町公園〜ユーロード 八王子市横山町10

----------------*

上記のような催しがあります。

「わら細工の会 円座」も参加します。

是非、お出かけください。
会場でお待ちしております。
posted by ふみ at 23:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みずき通りフェスティバル

来る4月22日、日曜日。
八王子駅から徒歩7分の所にある「みずき通り」で
フェスティバルが開かれます。

通りを歩行者天国にして、近隣の商店会の方々がワゴンを出し
各団体も参加し、歌やダンスのパフォーマンスもある
とても賑やかな催しものです。

そこに私達の会も参加します!


通りのどのあたりの場所を割り当てられるか判りませんが
南の甲州街道から北のいちょうホール通りまでの区間です。
200mくらいでしょうか、テントを張って、
作品を持ち寄って販売します。
午前11時から午後5時までです。

お天気もよさそうだし、是非、お出かけください。

会員の方で、販売できる作品をお持ちの方は
持参し、店に並べてください。

お待ちしております。
posted by ふみ at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

4月7日の講習会

新年度1回目の講習会。
参加者15名。
1年間の会員登録というか年度会費を払っていただく日。
年会費を払った方は、毎回の参加費が500円になります。

今日、体験希望の方がいらしてくださったのですが
都度参加の体験料は1回1000円でOKということを
早く伝えなかったせいか、皆さんの年会費を受け付けている間に
帰られてしまった。
折角お出でいただいたのに、残念なことをしてしまいました。
申し訳ありません。
是非、また、ご都合がつくときにいらしてください。

さて、4・5月の課題は「鮭」
本体の芯用に乾いた「わら」や「はかま」を使い形作り
その後、湿らせた「わら」で上あごや下あご、ヒレなどを作り
あとは、縄を綯って体部分を巻いていく。

サイズは各人の自由選択。
だから、わらの長さは何p位という標準値がない。
出来上がりをイメージして、バランスを取っていく。
大きく作ると、縄綯いの作業が大変。
2回位の講習で出来上がるはず、です。

この時期から、わら細工やいぐさ細工で、心配なのがカビ。
持ち帰った作品は、風通しの良い所に置いて、
カビを発生させないでください。
1から作り直しになってしまいますよ。

次回は4月18日(水)長房ふれあい館になります。
今日参加できずに、次回から作り始めても
5月になっての参加でも、出来上がるまでみますから
興味のある方は、是非、ご参加ください。
posted by ふみ at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

新年度が始まります。

4月7日が新年度の第1回目です。
課題は「鮭」

s-鮭.jpg

画像が悪くてすみません。少しやせ形でもありますね。
わら細工の基本「綯う」ことの作業が多い作品です。
壁掛け飾りです。

s-IMG_5278.jpg

飾り付けるとこんな感じ。
我が家の玄関に置いてあります。
こちらも画像が暗くて見にくくてすみません。

八王子駅北口から徒歩4分の所にある
クリエイトホール 第2創作室で午後1時から開始です。

興味のある方は申し込み不要、直接会場にお越しください。
持ち物は「はさみ」作品を持ち帰り用の袋。
体験費は1000円です。

年会費2000円を払っていただくと、
年間、開かれる講習会の参加費が1回500円です。
是非、会員登録をお願いいたします。



posted by ふみ at 00:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

教育支援人材バンク

『八王子市の教育委員会は、様々な能力や特技を持っている
地域の人が「教育支援ボランティア」として、市内の小中学校で
教育活動のお手伝いをお願いしています。』

登録している市民活動協議会から送られてきた冊子に掲載
されていました。
私達の会がいくつかの学校から頼まれてしていることです。
私共の顧問のO先生から引き継いだそれは宣伝するわけでもなく、
先生方から口コミのように広がって依頼を受けていたようです。
さばききれなくなって、断るうちに縮小したようです。

私達は1、2月で何校かに出向きましたが、
どうせするなら積極的にしたいと思っていました。

この記事に出会ったので、連絡を取ってお話を聞いたら
「教育支援ボランティア」として登録すると
学校に一斉メールで私達の会の情報を流してくれるそうです。
早速、所定の用紙に記入して申請しました。
3月16日に郵送。

その後、なんのレスポンスも無いのですが
多分、受領され登録されたのだと思います。

なので、おコメ収穫以後の9月以降は依頼が増えるかも
しれません。楽しみです。
誰もがボランティアとして、出向けるように精進してもらわねば。
皆さま、ご協力よろしくお願いします〜!
また、ボランティアとして活躍してみたいと思っていらっしゃる方は
是非、ご入会の上ご協力ください。

先人のわら細工の知恵や技を次世代に伝えたい。
会の主旨でもあります。


posted by ふみ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月24日の講習

土曜日、快晴。
今期最後の講習会でした。
課題は紙いぐさで作る「ほうき」
参加者22名。
初参加で新宿から男性がいらしてくださいました。

「ほうき」も作り方が様々で、色糸などでアレンジすると
それこそ無限大。
今日も各人、作りたいサイズや、色々な方法で取り組みました。
その中の一つ、西表島の「手わざ帖」という冊子に
掲載されていた「ユシキポーキ」(すすきのほうき)を
紙いぐさで作ってみました。

s-IMG_5268.jpg

1束足していく毎に、紐で巻き締め、前後に振り分け絞るので
側面に縫ったような目が出ます。
紐の色などを変えていったり、束数を増やすと楽しい形になります。

課題の「ほうき」は3月の2回で終わりです。
作り方を覚え、楽しくなってしまった方は
お家でせっせと工夫をして作り、見せてくださいね。

来月4月は「鮭」が課題です。
「わら細工」の基本の縄綯いが主な作業です。
「鮭」といっても、イメージが湧かないかもしれませんね。
後日、写真を載せます。

そうそう、私達の会はオリンピックのカーリングの選手たちのように
モグモグタイムがあります。
講習に参加される方の中の何人かがお菓子を差し入れてくれます。
(あくまで任意のご厚意です)
その寄せられたお菓子を参加者で分け合って食べます。
今日はなんと手作りの「おはぎ」でした。
小豆を1升煮て、もち米蒸して大変な手間だったでしょうに
お茶付きでふるまっていただきました。
甘さも程よく、とても美味しかったです。
U井さん、ご馳走さまでした。


ラベル:ユシキポーキ
posted by ふみ at 00:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする