2017年12月11日

八咫烏の話2

12月9日に参加の会員のI藤さん。
新宿で行われたワークショップに参加して八咫烏を
作ってきたと話され、実物を持参して見せてくれました。

s-IMG_4883.jpg

きれいな実取らずの青さで、太さも均一な「わら」でした。
作品も立体的で縦横40p以上かな〜?
迫力のあるものでした。
造形的にはとても面白いものでしたが、
作り方的には複雑ではなく、組みたてて作る感じです。
ただ、この発想は素晴らしい!

見ていると、私達も「円座オリジナルスタイルのしめ縄」を
作りたくなります。
いつか・・・作ろう。
新宿でワークショップを開こう。
などと話は盛り上がりました。

ありがとうね。
大きな荷物なのに、わざわざ持って来てくださって
見せてくれて、感謝です。
posted by ふみ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月9日のしめ縄

しめ縄講習2回目の土曜日
参加者13名。
2年ぶり、1年ぶりに会う方。
募集をブログにアップした翌日に連絡をくださった方
11月の農業祭で出会った方
会員のS藤さんが武蔵野美術大学で開いたワークショップに
参加し、こちらへの参加をしてくださった方
様々なご縁があって、集う。
ともにしめ縄作りを楽しむ。
皆さま一様に、良いお正月が迎えられそうだと喜んでくれる。
その場面に出会うとうれしくなる。
へたの横好きながら、長くわら細工に関わってきたおかげだと思う。
また、来年ご一緒にしめ縄作りが出来ることを願っていますよ。

あと1回。
12月13日、長房ふれあい館でのしめ縄講習。
参加予定は20名。当初の定員オーバー。
まあ、ここはお部屋が広いので、人数的にはOK。
前回、参加された方がお友達を連れて、また参加したいと
駆け込み申し込みなどあって、じわじわと増えました。
今年最後の回だし、
昨日の日曜日にわらすぐりをして材料も間に合いそう。
受け入れちゃいました。
参加の皆さんが立派なしめ縄を持ち帰れるよう
頑張ろう〜!






posted by ふみ at 23:25| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

小学校での出前講習

12月8日
八王子市立鹿島小学校に顧問のO先生と円座の仲間5人、
計6人で小学5年生に「縄綯い」の指導に出向きました。
八王子市は面積が広く、鹿島小学校は東にあり、
八王子の駅前から車で30分位の所にあります。

子どもたちが総合学習の時間に稲作をし、
脱穀後のわらで「縄綯い」をします。
このわらは、「かかし作り」や「焼き芋」を作る時の
炊きつけになり、その後、灰は畑に蒔くのだそうです。

机を廊下に出した部屋の床に直に座り、車座になった
27名の生徒さん達に教えます。
「出来ない!}と学習を投げ出す子も無く、
落ち着きなく歩き回る子も無く、
みな熱心に取り組んでくれました。
2本2本のわらを綯って、縄跳びが出来るくらいの長さまで
作ります。縄を足す作業は私達がするのですが
中には見よう見まねで自分でする子もいて上手な物でした。
最終的には午後の2時限で皆出来上がり、余った時間とわらで
再び縄綯いをしたり、リースや鉢巻を作ってみたりと
楽しんでくれました。
担当の先生は「きっと生涯1度の経験になると思うから・・」と
子どもたちに覚えておきなさいという意味のことを話してました。
聞いた私は残念な気持ちになりましたが
また、どこかで経験してくれたらと願わずにいられません。

次世代の子に少しは「わら細工」を伝えられたかなと思う
ボランティア体験でした。

posted by ふみ at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出前講習

12月6日
小平のギャラリーカフェ「青らんぎ」さんで、しめ縄講習が
開かれました。
会員のA藤さんと2人で出向いて、参加の皆さんと楽しんできました。
午前の部と昼食をはさんで午後の部の2回。
参加者10名プラスα
アルファは喪中でしめ縄を作って飾ることは出来ないけれど
体験したいと「縄綯い」をされた方もいたのです。
去年はここで、「鶴と亀」の講習をさせていただいたのですが
その時に参加してくださった方もいらっしゃいました。
皆さん、ご自身の想像以上に良いものが出来たと
喜んでくださいました。

ギャラリー「青らんぎ」さんの店内は広々として
薪ストーブがあって、真四角な大理石がドンと置かれていて
窓辺や壁面など各所に作品が飾られ、照明の柔らかい光で
それらが映えて素敵な雰囲気。
店内続きにお部屋があり、様々なワークショップが開かれ
部屋には和小物や陶器などの作家さんの作品も販売されています。

美味しいお茶や軽食も出ます。
窓辺のテーブルではお友達とおしゃべりを楽しむグループが
いらっしゃいました。

お近くにいらした方は是非、立ち寄ってみてください。
重々しい板戸(?)のドアを開けて中に入ると
外から見た予想とは反した別世界。

おかげさまで、コーヒーや店主自慢のシラスのピザなど
ご馳走になり、楽しく遊ばせて頂きました。
こういった出会いが生まれて「わら細工」をやっていて
「良かった!」と思う瞬間でした。

お出かけする時は、フェイスブックなどで定休日や場所を
調べてから行かれた方が良いと思います。
posted by ふみ at 09:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

2018年1月2月の講習予定

来年のお話です

2018年の講習予定です。

1月20日(土)クリエイトホール 第2創作室
1月31日(水)長房ふれあい館 創作室
2月 7日(水)長房ふれあい館 集会室1・2
2月24日(土)クリエイトホール 第2創作室

課題は「「結び」です。
結び目には不思議な力が宿るといいます。
祈りを込めて様々な形の結びを縄目で作りましょう。
お守りとして玄関や室内の壁掛けにしたり、
ストラップやボトル・バッグチャームになります。
贈答品に添えてもおしゃれです。

いずれの講習日も午後1時から4時半頃まで
持ち物は「はさみ」作品を持ち帰り用の袋。
床に座っての作業になりますのでズボン着用。

申し込み不要です。
直接会場までお越しください。

参加費は材料費込みで1000円(会員500円)です。

興味のある方は是非、ご参加ください。
新しい年に新しいことにチャレンジしてみてください。
誰でも、最初は初心者です。
お待ちしております。
posted by ふみ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと出来た!

今年の3月から5月と長い期間、課題であった「すかり」バッグ
そのバッグが作りたいと、入会されたKM崎さん。
課題が変わっても、毎回、持って来て要所を聞き帰り、
ご自宅でコツコツと編み進めていたようです。
そして、今日「出来ました!」と、持参してくれました。

s-IMG_4878.jpg

良く出来ています。
諦めずに、完成させてくれてうれしいです。
右に映っているのは「小さな亀」
前月の講習会で作り、復習がてら「いぐさ」で小さいバージョンを
作ったとのこと。

彼女は作ることの楽しさに嵌った〜のだと思う。
やったね!
勝手に思い、一人ほくそ笑む私です。

posted by ふみ at 22:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あきる野市と青梅市のしめ縄

12月2日の講習会に、あきる野のわら細工の会にも
所属しているU井さんがご当地しめ縄を持参して
見せてくれました。

s-IMG_4879.jpg

左側の方があきる野市の形。
三つ縄で綯った途中でわら3本を挟み込んで綯い切っています。
写真では造花の松や梅の飾りをつけていますが
地元の方は、本物の梅や松を飾り付けるそうです。

右の写真は青梅市の物。
こちらは三つ縄でなく、2束を綯い合わせ、途中3か所に
1本づつわらを挟み込んで綯っています。

似ていて非なるものですね。
どちらも、シンプルで潔い感じのするしめ縄です。

珍しいものを見せていただいて、ありがとうございました。
posted by ふみ at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月2日しめ縄講習

12月に入りましたね。
円座の会では12月に3回しめ縄の講習会を開きます。
今日がその第1回目。
ご予約いただいた13名。
欠席者も無くお越しいただきました。
見学だけでもとお出でいただいた1名の方にも参加いただき14名。

先日、掲載したしめ縄の形と
今日、U井さんに持って来ていただいた下の写真のしめ縄の
どちらかを選んでもらって、各自取り組みました。

s-IMG_4880.jpg

こちらのしめ縄は20本×3で三つ縄を綯い、大きな輪を作り
それに2本×3で三つ縄を90pほど綯って総角結びの下げをつけたものです。

初めての方は、わらを綯い足しながら三つ縄にするのが
難しく時間がかかるので、末広の付いた二重の輪の方を選ばれました。
皆さん、完成させて帰られました。



posted by ふみ at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

嬉しい便りが2件

会員のI藤さんから和歌山の熊野本宮のしめ飾りを
習ってきました! と、メールをいただきました。

八咫烏(ヤタガラス)
サッカーで有名な3本脚のカラスで和歌山の熊野本宮の
シンボルだそうです。
教えてくださった先生は、このビッグサイズ(2m)を
2体奉納しているとか・・・
彼女が作ってきた八咫烏が下の写真です。

熊野神社.jpg

きれいな藁で楽しい形ですね〜

今度講習会でお会いした時に実物を持って来てくださるそうで
たくさんの土産話とともに、大変楽しみです。

----------*
もうひとつの嬉しい便りは大阪から・・
夏に大阪在住のK田さんが体験講習に参加くださいました。

地元で骨董などの販売のほか、ワークショップを開かれているようで
今年の干支のイヌを、ご主人と試行錯誤しながら形にしたと
ご報告を頂きました。
ご許可いただいたので、添付されてきた写真を掲載します。

s-菊田さんのイヌ.jpg

いぐさを使い、尻尾は稲穂。
赤い晒し布で首輪にし、水引で留めたとあります。
立ち姿や座りイヌなど作ってみたようですが
この「座りイヌ」に落ち着いたとありました。
斬新なデザインで、シンプルでいいですね。
よくぞ、この形が思いつかれたと感心しました。
綯うことが出来れば、作れますね。
お許し得たので、私はわらで作ってみようと思います。

文中の「ワークショップ」にリンクを張りました。
彼女のお店の「桜花園」のページになります。
素敵なお店です。
-------------*

わら細工好きの同志が、各自、積極行動して
多くの刺激をくれます。
すごく、うれしいことです。
一生懸命、ついて行かなくては。


posted by ふみ at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

わらを頂きました

昨夕、「長野に行ってわらを貰ってきましたから〜」と
手の自由がきかないために休会中のS崎様の奥様から電話。
長野に別荘があり、親しくしているご近所さんからのもの。
「車に積んだままですので、取りに来て」
一抱えもあるわらを頂いてきました。

先日、農業祭に来てくださった時に、今年のわらが悪天候のために
十分な量が確保出来なかったとことをお話したら
近々、行くから頂いてきてあげるとおしゃっる。
車も汚れるし、S崎さんの体も自由がきかないし、
奥様に負担をかけるので、遠慮したのに・・
ありがたいことです。

今日、朝から家の用事を済ませ、出かける所へはさっさと行き
午後から「わらすぐり」
頂いた状態のままでは、しまうことも出来ないので、するしかない!

2束だけ出来た所の写真。右側がすぐる前のわらの山。
IMG_4870.JPG

途中の写真、この頃は日没との競争
IMG_4871.JPG

やり終えた写真30束位になりました。
午後5時少し前、間に合いました。
IMG_4872.JPG

どんな作品に生まれ変わるのでしょうか?
少し短めだから、何がいいでしょうかね〜
ともあれ、これだけの量、大変助かりました。
ありがとうございました。

皆さんの善意で、材料の確保をして会が続けられています。
心して、使わなくては。感謝。








posted by ふみ at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

浅草かまわぬ

23日より浅草かまわぬ2階で開催のしめ縄展に
わら細工の仲間たち5人で行って来ました。
午前中はあいにくの雨模様でしたが、初日とあって会場は盛況

作品の横には説明書が付けられ、ライトが当てられ素敵な空間
でした。
下の写真は岡山県の「眼鏡」という形のしめ縄コーナーです。
一つとして同じ作り方はありません。

IMG_4848.JPG

販売品のツルや亀、しめ縄は稲の色がきれいな緑で
サイズも揃っていて、さすがに専門店の作り。
手仕事なのでお値段もそれなりでしたが、納得。

下の写真は2階の展示会場から入口を見下ろしたものです。

IMG_4860.JPG

左のしめ縄は伊勢地方の作りで、札は「笑門」
稲の根を上手く、デザインに取り入れて作られていました。
階段の上には、しめ縄が張られ「会場への入り口」感の演出。

ゆっくりじっくり眺めて、しめ縄柄の手拭いや、
森須磨子さんの新刊を買い求めて出ました。
その後、浅草土産を買いながら散策、合羽橋に向かいながらランチ

IMG_4862.JPG

合羽橋では店をひやかしながら、また、買い物して帰宅。
楽しい研修の一日でした。
受けてきた刺激が、今後の作品作りに生かせれば、大成功だけどね〜

皆様も興味がございましたらお出かけになってください。


posted by ふみ at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

11月4日の講習会

クリエイトホール、第2創作室で18名のの参加
課題は「縁起物」
「カメ」を作る人と「いぬ」を作る人達がグループに
別れて、それぞれ創作。

「イヌ」の基本の形を作った人は、会員のH染さんが
自主制作してきた「小さな可愛らしいイヌ」を
教えてもらっていた。
写真を撮らせてもらうのを忘れてしまったが
2本×2本で綯った縄1本の先端を一結びにして頭部。
綯った縄の部分の撚りを解くように引っ張りながら耳、
前足、後ろ足を作る。
良いバランスで出来ると「いぬ」に見える。
この作り方は、首を長くすると「キリン」や「馬」になる。

「かめ」を作るグループは、甲羅部分の丸みが出ず
ぺしゃんこになっては笑い、足の長さに腐心し
「かめ」はどんな形か分からなくなってきたと言っては笑い
楽しく作っていた。

11月はあと1回。
長房ふれあい館での講習が15日にあります。
課題は同じです。

1回の参加で作品は出来上がります、興味のある方は
是非、ご参加ください。
お待ちしております。
posted by ふみ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

生涯学習フェスティバル

朝から小雨の10月28日
八王子駅近くの生涯学習センターでフェスティバルが開催されました。
全館を使っての催し物で賑やかでした。
私達の会は10階の第5会議室。
エレベーターを降りてから左手奥のお部屋で目立たず
お客様の入りを心配しましたが、
館内めぐりのシールの配布場所でもあったため
小さなお子様から大人まで100名超のご入場者があり、まずまず。
また、9月の作品展をご覧いただいた方がこちらへも来てくださり
お話したり、体験をされたり、私共も楽しい時間を過ごせました。

入口の写真です。
目立つように作品展で展示した「西郷隆盛さんとイヌ」の
「イヌ」だけを持ち込み、飾りました。
子どもたちに何に見えるか尋ねましたら、
残念ながら「イヌ」という即答はなく、「馬」が多かった!?

IMG_4720.JPG

会場内は壁面にいくつかの締め縄と蓑をすっきりと配置。

IMG_4721.JPG

まわりのテーブルに笠や雪靴、わら草履、いぐさのバッグなどを置き
小さなお子様には自由に身に着けていただきました。

また、別のコーナーには縁起物の「だるま」と干支の「イヌ」
だるまはA藤さんの手作りです。
この「だるま」の作り方を指導してくれないかと
おっしゃる方がいたとか・・

IMG_4722.JPG

この機会を与えてくださった「八王子教育委員会」様、
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
良いパフォーマンスが出来、感謝です。



posted by ふみ at 23:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

10月18日の講習会

長房ふれあい館で行いました。
参加者19名
課題は「縁起物」
来年の干支の「イヌ」、「鶴・亀」を各々が選択し、
取り組みました。
出来上がった作品を写させていただきました。

20171018takahasiinu.jpg

他の方の作品も、続々出来上がりました。

20171018inu.jpg

「イヌ」は
顔の長さ・ふくらみ、耳の位置・大きさ、体の形、・太さ、
足の長さ、巻き尾の具合など、ほんの少しの加減で
とても凛々しい犬に出来上がることもあるし、
何だかロバみたいになってしまったりで、難しいのです。
上の1体だけのイヌは、久しぶりに川越からいらしたTさんの作。
とてもいい感じに仕上がって、素晴らしい。
3体揃ってのは、何やら寄り集まって、会議を開いているようで
可愛らしい姿です。
それぞれ個性が出て、楽しい作品になりました。

11月も同じ課題に取り組みます。
興味のある方は、是非。ご参加ください。



posted by ふみ at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

本日、脱穀。

今日は先月末頃に稲刈したわらを脱穀する日。
雨続きのために、納屋に干しながら置いてる稲も、
そろそろ外の空気にさらさないといけない時期と言われている。
何としても予定通りにこなしたい。
朝からの作業予定だったが、天気予報の「午後から晴れ」に
合わせて集合時間を午後1時に変更。

寒さ対策の身づくろいをしながら、幾度となく外を見たことか・・・
11時になっても、まだ雨が降っていて・・・
出かける12時ごろになっても、ポツポツ〜
晴れることを願って出発。

お日様が顔を出すことはなかったけれど、雨は止んだ。
参加人数10人
作業時間が短いので、気合を入れての作業開始。
途中、足踏み脱穀機が経年劣化のために空中分解し、
代わりをM山さんが知人から借りてきて間に合わせるという
トラブルもあったが、何とか予定通りの分量をこなすことが出来た。
脱穀機を操った方、わらをすぐって束ねてくれた方、皆さんのおかげ!
あとの残りは、M山さんが他のグループが脱穀するときに
一緒に処理をしてくれるとの事。
目途が立って良かったのだが、今年は細工用のわらの収穫は少ない。
納屋に取り入れることが出来ずに、田んぼに干したわらは
雨のために使い物にならない状態らしい。

異常気象が恨めしい〜

まぁ、嘆いても仕方ない事。
大切に使いましょう。

明日の午前中は晴れ。
今日、持ち帰ったわらが生乾きなので干さなくては。
分担して、わらを持ち帰ってくださった
A藤さん、U井さんよろしくお願いいたします。

脱穀の報告でした。



posted by ふみ at 00:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

10月7日の講習会

10月に入って1回目の講習。
参加者26名。うちビジターさんが5名もおられました。
課題は「縁起物」
来年の干支のイヌとか鶴、亀を作りました。
各自の希望で「イヌ」と「かめ・ツル」班に分かれました。
皆さん、一つは作品を完成してお持ち帰りされました。

鶴や亀は作り方がたくさんありますが、この日はこの形。

IMG_4670.JPG

同じ材料、同じような本数で取り組んでも
出来上がりは十人十色。個性が出ますね〜

さて、犬。
12年前より、少しはマシなものをとあれこれ試作をしましたが
力及ばず・・・・

IMG_4671.JPG

馬? ねずみ? ロバ? と、いわれる始末。
少しはイヌらしくなるよう、目鼻をつけたけど・・トホホ
講師のU井さんが12年前に得た、作り方のプリントで
皆さんを指導してくれました。
そのレシピでつくってみたのが下の写真です。

IMG_4669.JPG

目鼻の付いたものがレシピ通り。
細身でバンビのように見えるので、
ボディ部分にわらを足してみたのが右側。
数をこなしながら、小さな修正を入れたら犬らしく
なっていくでしょうか?
皆さんの出来上がり作品を見せていただきながら
勉強していくことにします。
10月、11月はこれらを作っていきます。
1回の参加で、作品は出来上がります。
興味のある方は、是非、体験講習にいらしてください。

次回は18日(水)長房ふれあい館 多目的室です。
午後1時から4時半くらいまで。
持ち物は「はさみ」、作品を持ち帰り用の袋。
申し込み不要です。
参加費は材料込みで1000円です。
直接会場にお越しください。





posted by ふみ at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

稲刈り

今日、9月27日。
今年度(2017年)の稲刈りをしました。
天気は快晴、夏の暑さも去り絶好の稲刈り日和
本日のミッションは黒米のたんぼ1枚分とうるち米のたんぼ1枚。
他所の田んぼの倒れてしまった稲の刈取りを少々。
これに立ち向かうは8名。

食欲の秋?だからか・・・
何気に体力をつけてしまっていた我等若干名。
水を抜いている田んぼなのに、乾いておらず、体が沈んでいく〜
足が抜けない、身動きとれない、来年は体重管理が必要だのと
田んぼに慣れ、刈る作業の要領を得るまで大騒ぎ!
その後は、休憩で英気を養いながら順調に進んだ。

IMG_4606hasagake.jpg

最初に刈り取った黒米。
茎や葉の緑と実の黒のコントラストがきれい!
でも、今夜から天気は雨の予報なので、干したものの
田んぼを管理してくださっているM山さんの物置に運んだ。

IMG_4608inekari.jpg

刈り取った稲をハサガケ作業の風景。

IMG_4605saigou.jpg

作品展で展示した西郷さんの再就職先。
仲間のかかし達と田んぼを守っている。
なんといっても、彼の目力はすごい!
ここで務めを果たしたら、次は近隣の幼稚園で
子どもたちを見守る役を与えられるそうな〜良かった。

ちなみに西郷さんの連れであった犬は我が家の玄関にいます。
10月28日の生涯学習フェスティバルに展示のため待機中。
その後の居場所は探してやらねば〜〜

IMG_4564inu.jpg

話はそれてしまいましたが、稲刈り終了。
お天気にもよりますが、3週間ほど干したら脱穀作業をします。



posted by ふみ at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

9月20日の講習会

9月2回目の講習会が長房で行われました。
参加者12名。
課題は「鍋敷き」
会で教える基本型は「円座」の端の始末と同じパターン。
それでも編みとめる位置によって、形が変わります。

nabesiki.jpg

上のは芯の側面中央で編みとめています。基本型。
ところが、S藤さんが作った鍋敷きは、ネットで販売されていた
物を真似て作ったとかで芯を太目にし上部で編みとめました。
食べ物のドーナッツ型みたいになり雰囲気のあるものになりました。

IMG_4587satou.jpg

一つの技法でも、芯の形、編みとめる部分を変えることで
いくつもの形が出来ます。
楽しいですね〜
でも、まだ続きがあります。
講師のU井さんが昔作った図面を見せてくれました。
また、会員のH染さんが友人の作っている鍋敷きの写メを
見せてくれました。
どれも作り方が違うのです。
奥が深い〜〜
そこで、各自がそれらを再現して作ってみました。
作り方を次に載せます。

その前に、今日はお一人ビジターさんが見えました。
わざわざ江東区から、いらしてくださったY森さん。
鍋敷き作りは初めての体験という事でした。
1回の参加で技法が違う作り方で2個作り上げていきました。

IMG_4589yukimori.jpg

上手に出来ているでしょう。
よ-く見るとね、作り始めの目と後半の目では締まり方が違い
きれいに揃ってきています。
初体験で、鍋敷き一周する間に習熟しています。
すごいですね〜
また、お出で下さいね。

posted by ふみ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

9月16日の講習会

3連休の初日、しかも大型台風が近づき、
午後から雨の予報が出ている微妙な日でしたのに、参加者21名
すご〜い、皆さん熱心! ありがたいことです。

9月の課題は「鍋敷き」わらで作ります。

nabesiki.jpg

このパターンの鍋敷きです。
細いわらや、わらのハカマを集めて、土台を作ります。
この土台作りが肝心。
程よい大きさ、均等な円型、そしてしっかり固いこと。
その芯のサイズに寄るのですが、25cm位にわらを切りそろえて用意。
また、最後に縛り留める縄をわら1本×1本で綯っておきます。
そして編み始めます。

皆さん、完成品をお持ち帰ることが出来ました!?

9月はもう1回、明日の水曜日が体験講習です。
長房ふれあい館で開かれます。

私の書き込みが遅いものだから、直前のお知らせに
なってしまいましたね。ごめんなさい。

興味のある方は是非、いらしてください。


posted by ふみ at 23:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

フリースのぞうり

フリース生地でぞうり作りをしました。

私事ですが、昨日の水曜日の午後、お友達のお友達たちに
個人宅でぞうり講習を行いました。参加者7名。

フリース地は温かいので、これからの季節に履き心地が良い。
家で履いて動くと、フローリングがピカピカになって良い。
その理由で、フリース生地を買ってきて用意されていました。
布の伸びが少ない方向で幅7cm、長さ1m位に切り、準備。
フリース地なので厚みがあるので、早く編めます。
鼻緒も同じ布を使い、左綯いでつけました。
鼻緒を立てる部分は、通常なら芯縄を使って立てるのですが
それだと、せっかくのフリース感が損なわれるので、
編み紐に使ったフリースを半分(3cm)にして、
鼻緒に掛け、足の厚みの部分は2〜3個、左綯いして裏側に通し、
底側で、芯縄を押さえるように結びました。
このやり方だと、簡単です。
生地が厚いので、履いた時も親指を支えてくれます。

初心者の方がほとんどでしたが、2時間半ぐらいで全員が
1足作ることが出来ました。
フリース紐、7本〜8本で出来てしまいます。

参加者のH田さんご夫妻のぞうりです。

20170913フリース.jpg

素敵でしょう! 
とても上手に出来ているでしょう!
履くと足裏が温かく、しっかり締めて編んでいるので
履き心地も良い感じ。
ただ、少し滑る感があるので、階段などの上り下りには
気をつけないと危なそう〜。

いつもは不要な浴衣などの綿布をおすすめして作っていましたが
フリース地は有りかも!
1m位づつ、別な色を買い、皆でシェアすれば
配色も素敵で、案外、安価に出来上がるのですね。
良い勉強をさせていただきました。

終了後は、美味しい手作りの巻き寿司や、デザートを
ご馳走になり、楽しいひと時を過ごしてきました。

皆さんも冬にも、ぞうりを履きたいと思ったら
是非、フリース生地でお試しください。



posted by ふみ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする