2017年07月24日

にわとりのペアー

22日の講習会に、家で作ってきたとおっしゃって
「にわとり」のめんどりを持参したのはS村さん。
いつも、どの作品も納得のいくまで、作り直し、
きちんとした作品に仕上げる方です。
以前に「おんどり」を作り、その形は新聞に出ていた写真を見て
形作ったという独創的なものでした。
出来が素晴らしいので、写真に撮らせてもらい
9月の作品展のポスターにも掲載予定です。
その雄鶏の奥さんが出来たというわけです。
作品展ではペアーで出品していただきます。

s-IMG_4265.jpg

まだ、めんどりの産んだ卵の大きさに迷いがあって、
さらに進化しそうです。
「もう、2度と同じものは作れない」と、おっしゃいますが
1度でも作り上げたチャレンジ精神は素晴らしいものです。
posted by ふみ at 23:38| Comment(0) | わら・いぐさ細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: