2017年06月13日

スカリバッグの道具

先日の講習会、スカリバッグを続けているS藤さん。
彼女が自分で考案した道具を見せてくれました。
スカリは「ザル編み」や「模様編み」をする際に縦芯をすくうように
横糸を運んでいきます。
100均で売っている「紐通し」や「ゴム通し」などを
使ってやっていたのですが・・・
バッグの横の長さは25cm。
これを一度に通せるように、なんと菜箸に穴を開けて
そこに横の編み紐を通していく方法を考えたのです。
大きな針みたいのを作って。
「すごい効率的になりました!」と。
素晴らしいアイデアにびっくり。
早速、試してみたくて、菜箸を買いに行きました。
穴の開いたひも付きの菜箸なら、その穴を大きくするだけで
良いのではと探しました。
彼女はドリルを使って、開けたそうです。
私は「キリ」を使いました。
ついでに竹の割りばしでも作ってみました。

IMG_3972.JPG

職人さんは自分の道具を使い勝手の良いように作ると
いいますが、そこまでの域では無くても生まれますね。
どうしたら、楽に出来るのだろうか?と考えたのね。
S藤さん、ありがとう。
道具を作ったら、これを使って、作品を作りたくなりました。


posted by ふみ at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: