2016年10月27日

10月26日の講習会

長房ふれあい館で行われました。
課題は前回と同じ、「とり」の吊るし飾り
今回、練習に持ち込んだ藁は今年収穫したわら。
今年は生育中も天候不順、稲刈り後に干している間も
雨にたたられ、色がイマイチ。
青刈りしたため、しなやかな感じがあって細工には良いが・・・
やはり作品がよく見えるのは藁の色に左右されるところも多い。
とはいえ、大事な藁、何か生かす作品を考えないと無駄にはできない。
どんな作品に使えばいいのかな〜
来年の材料になるのだから、ゆっくり考えましょう。

今日は、参加者15名。うち初参加の方が3名いらしてくれました。
お一人は作品展を見に来てくださった方、
趣味で木の実や葉を炭にすることもしておられるようで、
作品を持ってきて見せてくれました。
繊細で炭の光沢もきれいなものでした。
わらや竹で皿のような台を作って、載せたら素敵かも。
あとの2人はそれぞれ別のわら細工の教室で学ばれている方。
習っているところには無い課題だったのでと、作りに見えた。
わらに魅せられて、わら細工の色々なことを学びたい、知りたいと
思っているのでしょう、実に手際もよく熱心。
きれいに作り上げて帰られたから、満足いただけたかな?

この会は、会員さんや新しく見える方と話をすると、
たくさんの「気づき」がもらえる。
作品のヒントだったり、作り方のアイデアだったり、
催し物の紹介や、作品の紹介、パソコンの使い方まで。
帰りにはいつも、たくさんの課題を与えられたような気分。
ボヤボヤしていられないぞと駆り立てられる気分。
やる気や元気が出てくる感じ。

その気分が長く続いて、わら細工に精を出せば、
私も素晴らしい作品が生み出せるようになるはず!?

現実はね、なかなかですが
この刺激に度々、押されて、ボチボチ頑張ります。

次回は11月5日 土曜日
クリエイトホール 第一創作室。
午後1時から
課題は「とり」
つるし飾りではなく、置ける飾りに挑戦します。

興味のある方は、是非、ご参加を!

posted by ふみ at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

しめ縄講習会

早いもので、もう正月飾りの季節になりました。
今年も月2回の定例講習会とは別に「しめ縄講習会」を
開催します。
主に初心者の方、毎年、しめ縄作りだけに参加の方が対象です。

12月10日(土曜日)
クリエイトホール 第一創作室
午後1時から4時ごろまで。
材料費 1000円

小さな輪飾り、玄関に飾る洋風か和風のしめ飾りを作ります。
初心の方には基本型、慣れた方はオリジナルデザインでも
かまいません。来年の干支は「とり」なので「とり型」にも
対応いたします。

会場の関係で先着15名の募集です
参加希望の方は、下記の連絡先までメールでお申し込みください。

連絡先:cbb01838@gmail.com

必ず、作ってお持ち帰りできます。
優しく〜お手伝いいたします。
ご連絡お待ちしております!
posted by ふみ at 00:22| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒンメリの講習会

11月26日(土曜日)
クリエイトホール 4階 第一創作室

ヒンメリの講習会を開きます。
ヒンメリとは、フィンランドの伝統的な装飾品のこと。
別名「光のモビール」と呼ばれています。
麦わらを糸でつないで、多面体を作り、つなぎ合わせ
天井や壁から吊るし、そのデザインや空間を楽しむインテリア。
クリスマスの飾りにもなります。

開催時間は午後1時から
材料費:2000円
持ち物:工作用はさみ、タオル、もめん糸、針。
対象はどなたでも。

参加希望の方は11月15日までにご連絡ください。

連絡先メール:cbb01838@gmail.com

興味のある方は是非、ご参加を!
お待ちしております。


posted by ふみ at 00:11| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェスティバル終了

10月22日(土曜日)曇り
生涯学習フェスティバルが開かれました。
10階の第4会議室、奥まったお部屋なのでお客様に
足を運んでいただけるか心配でしたが、
役所の方で、スタンプラリーのチェックポイントの部屋に
指定くださったので、スタンプラリーの参加者がハンコを押しに来場。
さすがのご配慮に感激しました。

s-IMG_2967.jpg

壁の1面にしめ縄やべんけい、エビなどを飾り、
テーブルの上には干支の「とり」「さる」「宝船」
窓際には「深靴」やわらじ、ぞうりなどを並べ
まずまずのボリューム感でした。
ミニ体験は鶴や亀、ご希望で「とり」「カエル」なども。
小さなお子さんから大人まで、楽しんで取り組まれました。

会の紹介や、今後の体験講習のお知らせも宣伝が出来
有意義な一日になりました。

ご来場いただきましたお客様、ありがとうございます。
そして、ご協力くださった会員さん、ありがとう。
朝の9時から夕方5時半までの長丁場を務めてくださった
U井さん、I上さんお疲れ様でした。感謝です。


posted by ふみ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

生涯学習フェスティバル

今日、明日の準備にクリエイトホールの会場に行って来ました。
U井さん、I上さんの3人で会場作りをしました。

明日22日、10時から夕方の5時まで
生涯学習センター、クリエイトホールの全館を使っておまつり。

私達のわら細工の会は10階の第4会議室です。
エレベーターを降りて、左に行って、
また左に曲がると突き当るお部屋です。
少し、判りにくいのでお客様が足を運んでくれるか心配!

ミニ体験講習も開きます。
机の上で制作できる「つる」「カメ」「カエル」「かたつむり」

是非!遊びに来てください。

今後開催予定の「しめ縄講習会」や「ヒンメリの講習会」の
受付もしています。
早めのご予約を。

では、明日、会場でお待ちしています〜!

posted by ふみ at 00:06| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

脱穀

昨日19日に脱穀をしました。
またまた運よく、お天気に恵まれました。
たんぼの指南役・M山さんの家の裏の栗畑。
有志9人が集い、足踏み式の脱穀機を使って稲を分離していく。
手渡す人、足踏みで機械を動かす人。
他の者は脱穀の終わった稲を、すぐって束にしていく。
脱穀機の出す音に負けないくらいの声で、
他愛のない話を交わし、なぜか大笑いし、作業が進む。
ランチはM山さんの奥様手製のキノコ飯とトン汁。
はやと瓜の塩麹漬け。
寄ってくるハエに負けじと、口にかきこむ。
美味しかった〜〜!
午後からも3時くらいまで作業。
すべて終わることは出来なっかたけれど目途がついた。
今年のわらは、去年に比べると色・長さ等劣る。
でも、これが自然。
これを生かす作品とは、どんな物だろう?
ゆっくり、しっかり考えてみよう。
稲穂も確保ができました。
お正月飾りに使えます。
来年も、M山さんのおかげで「わら細工の会」が存続できそうです。
材料入手困難のため、今年は会をお休みします。なんてことに
ならなくて、ありがたいことです。
脱穀をお手伝いいただいた会員の皆様、ありがとう。
お疲れ様でした。

1夜明けて、快晴の今朝。
昨日束ね、持ち帰ったわらを家の物干しにハサ掛けしました。
青い色のわらが湿っていたので、このまま保管すると
かびてしまう恐れがあるので。
講師のU井さんが半分持ち帰ってくれたにもかかわらず、
結構な量でした。
彼女は部屋干しするとか・・きっと大変。
ありがとうございます。
掛け終わって、眺めると壮観だったので、写真を撮りました。

s-IMG_2964.jpg

そんなこんなで、会社は少々遅刻。
社長さんには言えないけど、会社よりわらが大切だから仕方ない!?


posted by ふみ at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

里山民家まつり

16日の日曜日に武蔵村山市の野山北六道公園の中
里山民家15周年を祝うまつりがありました。

satotamamturi.jpg

ご縁があって、ご案内状を頂き円座の会の仲間5人で出かけました。
移築された田舎家があり、庭があり、その周りには田んぼ。
そこで、脱穀体験、薪割り体験、村山大島紬を着る体験。
どんぐりの実を並べ、どんぐりを転がしてのボーリングゲーム。
輪切りにした木の枝に絵を描き、オリジナルのペンダント作り
蔵の中では、吊るし雛が飾られ、
庭のテントでは、ボランティアによって作られた米や野菜の販売
スタンプラリーもありました。
童心に帰って、様々な体験をしてきました。
地元業者の出店もあり、うどんやおまんじゅうなども販売。
楽しかった〜!
また、田舎家の一画にはわら細工作品が飾られていました。
今、私たちが作っている「とり」の飾り、宝船、釜敷き、
馬、しめ縄、一輪挿しなど。
どっしりとした存在感がありました。
この民家に見合う作品でした。
自分の作る作品が線が細いものだと感じられ、
先人の素朴な思いに立ち返れと言われているような気がしました。
人様の作った作品を見ると、勉強になります。
そんなこんなで、とても収穫の多い研修(?)旅行になりました。

機会を与えてくださった、この地のわら細工の指導者の
O川様、ありがとうございました。
posted by ふみ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

第13回生涯学習フェスティバル

10月22日(土曜日)
八王子駅北口 クリエイトホールにて
第13回 生涯学習フェスティバルが開かれます。
八王子で活動する様々なグループが日ごろの活動の
パフォーマンスをします。

私達のわら細工の会も参加します。
10階の第4学習室で作品の展示とミニ体験をします。
午前10時から午後5時まで

是非、遊びに来てください!
お待ちしております〜♪
posted by ふみ at 22:56| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研修旅行

10月16日(日曜日)
都立野山北 六道山公園 里山民家にて「里山秋祭り」
里山が誕生して15年。
たくさんの人の手で、里山の風景が紡がれてきました。
15年間の歴史や文化を伝え、お祝いをする秋の一日。

ここでわら細工体験を指導なさっている方が、
先日の作品展に訪れ、ご招待はがきをくださいました。
昔の農具体験や、スタンプラリーなど催し物があるようです。
わら細工作品も飾られるようなのです。

そこで私ども、会の有志を募って、遠足に行くことにしました。
開催時間は午前10時から午後3時まで。

興味のある方は、是非、いかがですか?
posted by ふみ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒河江のわら犬

今日の講習会の初参加の方々は9月の「作品展」に
来てくださった方達でした。
以前、わら細工をしていた方。
作品展でわら細工を見て、やってみたくなった方。
子どもたちにわら細工を指導している方など意識の高い人ばかり。

このブログで書いている「カエル」や「カメ」「鶴」など
作ってみたと、作品を持ってこられた方。
言葉だけでは、今一つ分からなくてと、おっしゃっていたが
ちゃんと出来ていました。
見て、試してくださる人がいるなんて、うれしい〜。

また、お子さんが中学生の時に寒河江に行かれ、
ユースホステルに泊まり、そこで抽選に当たり
わら細工が賞品として送られてきた。不要なので
参考になれば、お使いください。と、持参してくださった方。

s-20161008-2.jpg

素敵な、しっかりとした作りの「犬」と「馬」
再来年の干支が「犬」なので、是非、参考にして作りたい。
すごく、うれしい!プレゼント。
山形県はわら細工が盛ん、今度、体験に出かけたいなぁ〜

わら細工を通して、ご縁が出来て、うれしい出会いがある。

今日、初参加の皆様、また来てくださいね。
そして、興味のある方は、是非、いらしてくださいね。

posted by ふみ at 01:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月8日の講習会

わらの準備をしていた午前中は強い雨。
参加の皆さんがお出かけの頃にも雨。
にもかかわらず本日の参加者は21名!
初参加の方が5名いらしてくださった。

課題は「とり」
本体は左綯いの三つ縄で、アンコまで入れて綯うので苦戦
右綯いの紐作りから始めればよかった。
初参加者が「難しい〜!」「上手く出来ない。」と言うと
「これは難度が高い方だからね、これが出来ればお正月の
しめ縄などは簡単よ。」と励ます。
それでも、皆さん何とか形にして出来上がりをお持ち帰り。

下の作品は会員のS藤さん、自宅で細かい仕上げをして
写真を送ってくださったもの。

s-佐藤とり.jpg

この下のは私の作品、会場内で仕上げた。
上の写真とわらの使い方が違います。
穂先を頭部側にしたのが下の作品で、
上のは穂先を尾の部分に持っていっています。
この形のしめ縄を作る地域では、頭部に穂先側。
穂先をトサカに見たてているのかも。
でも尾の部分の穂先も素敵ですね。

10月26日の長房ふれあい館の講習会でも同じ課題です。

興味のある方は是非、ご参加ください。
posted by ふみ at 00:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする