2016年06月28日

8月の講習予定

奇数月の体験講習の時に、翌2か月の講習チラシを
作成し、配布をしているのですが、
7月の体験講習には8月、9月分を配布できません。
9月の会場予約が日程的に出来ないからです。
判明してお知らせできるのは7月の中旬ごろです。
そこで、8月の日程だけを、先にお知らせしておきます。

8月3日(水) 長房ふれあい館 多目的室

8月20日(土)クリエイトホール 第一創作室

いずれも午後1時から4時半頃まで。

制作予定は、何か「履き物」を作ります。
古布を使ってのぞうり、あるいは「わらじ」等。
6月7月の課題の「ばんどり」が
出来上がっていない方は、完成に向けて続けていただきます。

講習会にはいつからでも入れます。
ご興味のある方は、是非会場にお越しください。
8月の講習時には古布をお持ちください。



posted by ふみ at 10:56| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回作品展準備 日程が決定

毎年、恒例となっております、作品展緒開催日が決定しました。

場所は例年通り、
村内ファニチャーアクセス 北3階の「サロン 樫の木」です。
開催日程は28年9月2日(金)〜9月7日(水)の6日間。
初日は午後1時から、最終日は午後4時に終わります。
入場無料。
会場で短時間で出来る「体験コーナー」や
会員の「作品販売コーナー」も設けます。

今年の展示は前回の作品展以降に取り組んだ
「しめ縄」「宝船」「べんけい」現在制作中の「ばんどり」や
創意工夫によるオリジナル作品が並ぶことでしょう。

是非、興味のある方はスケジュール帳にこの日を書き込んで
お出でくださいますよう、お願いいたします。

-----------*
会員さんへのお願い!

作品展のポスターや案内はがきを作成します。
皆様の自信作を講習会等に(7月2日、9日)ご持参ください。
写真を撮らせていただきたいのです。
ポスター作りは、プロへの依頼のため、どの作品が採用されるか
与り知らぬところになりますが、提供するデーターにします。
是非、ご協力をお願いいたします。
posted by ふみ at 10:33| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

わら細工の道具

6月15日、6月の2回目のわら細工教室が開かれた。

課題は「背負子」土台部分が出来、背負う紐部分の編み込み作業
わらを布で巻きながらの作業でなかなか進まない。
始めたことなので、完成まで頑張るしかない。

その日、久しぶりに会員のS木さんが体調回復して参加された。
彼は、会のお助けマン的存在で、イベント時に体験コーナーで使う、
いぐさを織る編み機のような道具が欲しいと言えばこしらえてくれるし、
足の悪い方のために、腰かけて草履が編める道具を作ってくれるとか
昨年の作品展では大きな道祖神を共同作品として制作した時には、
骨組みを考え、台座を作ってくださった。
その仕事は丁寧で、とても頼りになる方。
もちろん、作品も工夫とアイデアで素晴らしいものを作る。

今、私は個人的に別の場所で「猫つぐら」を教えていて、
竹へらを使って作業をしている。
が、使い方に慣れない方もいるし、
ヘラに工夫を加えればより作業がしやすくなるのでは
ないかと考え、自分なりに作ってみたが、いまいち。
竹へらに穴を開けることが出来たら、いいな。
でも、へらの幅は狭い、穴を開けたら強度はどうなるのか?
プラスティック素材で作れないか? 自分の頭の中で堂々巡り。
職人さんは自分で使う道具は自分で作る。と
言われるが技量がなければ叶う話ではない。
そこで、S木さんに相談してみた。
考えてみる。と言い、私の稚拙な試作品を持ち帰られた。
翌日の早朝、S木さんから電話。
「作ってみたけど・・」
昨日の今日!?
私は出社前にS木さん宅へ。
なんと、思い通りの物が出来上がっていました。
竹へらとアルミ素材の物でした。
しかも・・・
感じていたのに、言葉では伝えていなかったヘラの端の面取り。
手が痛くなるだろうと思って、削ってみた。とおっしゃる。
そうなの、何度も押していると掌が痛くなっていたの。
もう、大感激!

これで、使ってみる。
幅や穴のサイズ等に改良点があったら伝えて、新しい道具の一つにしたい。
猫つぐらだけでなく、草履を作るときにも使い勝手が良いかもしれない。
「わら細工の会 円座」オリジナルの道具が完成しそう〜です。




posted by ふみ at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

6月の課題

6月の2回は先週の土曜日と明日の水曜日の2回。
今月は2回とも、長房ふれあい館での開催で
遠方から見える方には、駅から遠くて、ごめんなさい。です。

さて、6月、7月の課題は「背負子」「ばんどり」
地方によって違う言い方をするので、同じものです。
荷物を背負うときに、背中への負担を軽減するもの。
下の写真、後ろから見える方です。

s-IMG_2555.jpg

そして、こちらの写真は背側。
布で覆ったものを編み込んでいるものが見えますね。
そこに両腕を通して、背負います。

s-IMG_2556.jpg

作品の作り手は、今回の先生、U井さんのものです。

難易度が高く、現代では実用度も無く飾り物になります。
ただ、わら細工としては伝統的な作品です。
継承していかないと、耐えてしまうものかもしれません。

11日の土曜日は土台作り、次回は背負い紐作り、
4回で作り上げて、9月の作品展に並べられれば素敵だなぁ〜

posted by ふみ at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

28年度の田植 結末

今日、「円座」の会の田植えが行われました。
天気予報では  のち 
小雨決行の予定だったので、昨夜は雨合羽や着替えまで準備した。
ところが、朝のうちほど寒さを感じる天候だったものの
時間を追ううちに 
余程、日ごろの行いが良い我らなのだと、自画自賛。

参加者11名。今年も指導、世話役のM山夫妻を入れて13名。
M山さんの活動グループのY木さんは写真係として参加。

まず、手始めは苗代から、元気な苗を抜き、束ねること。
去年もしているのに、束ね方を改めて指導していただく。
来年まで覚えていられるかな〜

s-20160608-1.jpg

休憩をはさんで、抜いた苗を田んぼに植え付けていく。
ロープを張って、等間隔に印の付いた場所に5本づつ。
横一列になって、手や足で田んぼの泥を均しながらの作業。
浅からず、深からずの植えこみ具合に注意しながら
誰もが「転ぶまいぞ!」の1点に集中して取り組む。
人数が多かったので、朝、9時から2時間半くらいで
田んぼ2枚に植え付け完了。

s-20160608-2.jpg

その後は楽しい昼食。
採れたてのジャガイモを使って、煮付けやジャガバタ。
キャベツやキュウリの浅漬けにおにぎり。
M山さんの奥様の心づくし〜 

腰が痛くなっただの、服や手足が泥だらけになったと
言っても、太陽の下、自然の懐に抱かれて幸せな時間を
過ごしてきました。
M山家の畑のジャガイモ堀りまでさせていただいてのお土産付

あとは稲が健やかに育ってくれることを祈るのみ。

ご参加の皆さん、ご協力ありがとうございました。

posted by ふみ at 21:56| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする