2017年05月20日

八王子NPOフェスティバル

来る5月27日(土曜日)
八王子駅北口ユーロード(放射線)でイベントが開かれます。
午前10時から午後4時まで
NPOや市民活動団体が集結!
日ごろの活動の成果を披露します。
カフェも出て、様々な物品の販売も行われます。

わら細工の会 円座も参加します。
各自が作品を持ち寄り、販売します。
放射線の駅側入り口から、三崎町公園までの丁度中間ぐらいに
私達のブースがあります。
お隣はカフェ、もう一方のお隣は「箱庭遊び」

何だかとても楽しみです。

ちなみに出品予定は
布ぞうり
s-IMG_3909.jpg

ねこつぐら
s-IMG_3913.jpg

ねこつぐらのストラップ
s-IMG_3912.jpg

木の実のストラップ
IMG_3911.JPG

お花のブローチ
s-IMG_3910.jpg

ほうき
s-IMG_3914.jpg

他にもいぐさのバッグ、紙ひもやいぐさのスリッパ、円座など。
当日、各自持参なので、どんなものが出品されるか私にも不明。
毎度、出品物を並べながら、仲間内で買いたがる品がでます。
来てくださる方にお見せしたいので、とりあえず我慢させます。
興味のある方、是非、お立ち寄りください。
お待ちしております〜!
posted by ふみ at 00:01| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

5月13日の講習会

あいにくの雨模様にも関わらず、参加者23名。
お部屋はいっぱいで、座ることが出来ない人も。
幸い、課題が「すかり」というバッグなので端に寄せた机の上で
作業して下さった方がいて何とか収まる。

うーん、今後この調子なら会場も考えていかないといけないかも〜。

「すかり」各自、順調に進んでいる様子。
今日から始められた方もいた。
「皆と一緒にすると、めげずに手も進む」と言って頑張っている。
進度はそれぞれマイペース。
6月に入ったら、課題が変わる。
それでも、そのことは意に介さず出来上がるまで、ずっーと作るという。
1年に「すかり」1作品でもかまわない様子。
もちろん、私もそれでかまわないけど、今までにいないタイプの新人さん達。
色々な人がいて、おもしろい!

ベテラン組は「すかり」の模様編み(ダイヤ柄)に入る。
図面と首っ引きで集中している。
目数を間違えると、模様がきれいに出ないから。
「久しぶりだわ、こんなに一生懸命になる自分」と充実している様子。

ほとんど出来あがった人は、持ち手を考えたり、
バッグの入り口の留め方にお気に入りのボタンなどを使い
工夫を凝らしている。
皆がお互いの物を参考にしながら、方法を選択している。
全てがオンリーワンの作品に仕上がっていく。

また、3名は片隅で「布ぞうり」を作る。
「すかり」よりも「布ぞうり」を覚えたいようで頑張っている。

今日の講習会は、外の天気に相反して熱気が感じられる日だった。

次回は5月31日(水曜日)
長房ふれあい館 創作室になります。


posted by ふみ at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

6月7月の講習予定

次回の体験講習は今週の土曜日13日です。
その時に配布予定の「6月7月の講習予定」のチラシを
今日、作りました。

6月・7月は「わら」や「いぐさ」を使って「花入れ」を作ります。
4・5月はすかりのバッグで、女性好みでしたので
万人向きの花かごとか一輪挿しとかを作りたいと思います。
まだ、課題の形を決めていないのですがね。
比較的、簡単なので1回の参加で1作品作れると思います。
興味のある方は、是非ご参加ください。

6月10日(土) クリエイトホール 第一創作室
6月21日(水) 長房ふれあい館 多目的室
7月 5日(水) 長房ふれあい館 多目的室
7月22日(土) クリエイトホール 第一創作室

いずれも午後1時から4時半頃まで
申し込み不要です。
直接会場にお越しください。
参加費用 1000円、持ち物ははさみ、作品持ち帰り用の袋。

ちなみに8月は「ぞうり」を予定しています。
posted by ふみ at 00:17| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武蔵野美術大学で

昨日、会員のS藤さんの取り持つご縁で
武蔵野美術大学の民俗資料室で、ちょっとしたお手伝いを
してきました。
たくさんの段ボール箱の中から、ピックアップされた番号の
しめ縄作品を探し出し、撮影のための開梱をする作業です。
全国各地から集められた、それは珍しい形のものばかり。
でも、作品は年代が経った物もあり丁寧に扱わないと破損を
してしまいます。
緊張感を持ちながら、赤子を扱うような慎重な作業です。
作品の劣化を見ると、直したい衝動にもかられます。
ゆっくりと見ている余裕はないのですが、
梱包を解くときの、わくわく感は楽しかった〜!

その資料室には、他にも珍しいものがたくさんで目が奪われます。
曜日の指定もありますが、5名以上の予約で一部公開を
していただけます。
いつか、ここも研修に来ねばならない所ですね。

そして今秋にはギャラリー展として「しめ縄」が取り上げられるようです。
その時は、ゆっくり鑑賞させていただいて、
この中から、年末作るしめ縄の形を選びたいと思っています。
楽しみです。

お手伝いの機会を与えてくださったM先生、S藤さん
ありがとうございました。


posted by ふみ at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

秩父の工芸品すかり・笹かご展

4月28日、わら細工の仲間有志8人で
「秩父の工芸品 すかり・笹かご展」に行って来ました。

八王子から西武秩父駅まで電車。
駅前から町営バスに乗って約50分、薬師堂下車。
会場は「埼玉県山西省友好記念館」です。
何だか周囲には不似合いな立派な建物です。
建物の軒に吊るされている飾りの鐘が、風に揺れて
「カーン〜」と鳴ります。異国情緒たっぷりで海外旅行気分。

中国の「飾り結び」や兵馬俑の人体や馬車、
貴族の被り物など、珍しいものが並ぶ一角にお目当ての
作品が並んでいました。

IMG_3808.JPG

IMG_3831.JPG

その細かい作業の技術の確かさ、模様の多彩さ、形の多さ
作品には作者名がつけられています。
男性名も多かったです。
大きな手で、こんなに繊細なものが作れる?驚き。
実演でもあったら、作者のどなたかとお話でも出来たらと
思わずにいられませんでした。
たっぷり時間をかけて、じっくり見てきました。

IMG_3850.JPG

ここは雨神神社、薬師堂のバス停近くにある建造物です。
この地は素人歌舞伎が有名だそうです。
こういった場所で演じられるのでしょうか?
風雨にさらされ風格のある社です。

楽しいランチ後はバスで秩父駅まで戻り、
会員のS井さんが、つなぎをつけてくれた生地屋さんに
おじゃまをし、不要な布をいただいてきました。

そして、ここまで来たからにはと、更に欲張り
羊山公園の芝桜を見に行きました。

IMG_3854.JPG

きれいでしょう〜!
でも、まだ、少し満開には時期が早かったようです。
ゴールデンウイークには見頃かな?
管理する方々が這いつくばるように、芝桜の中の雑草を取っていらっしゃいました。

IMG_3856.JPG

お花はタイミングが難しいですね。

内容が盛り沢山で、勉強になる春の研修旅行でした。
案内役のS井さんの、おかげで大満足で無事終了。
お世話になりました。

この「すかり・笹かご展」は5月28日まで開催されています。
しんいかん」で検索をかければ場所等の詳細がわかります。
リンクも張っておきますので、興味のある方はご覧ください。

報告でした!





posted by ふみ at 23:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クゴ

岩手県で採取された「クゴ」という草の写真です。
貴重なものを分けていただきました。

クゴ.jpg

どんな作品に使えば、この草にいいのか、いまだ考え付かず
放置状態です。
他のグループの方は、これで「蓑」を作ったとか〜
量が多くないので、小作品で試したい。
細くて、しなやかで、ともかく湿らせて使ってみるしかありませんね。

使ってみたいと言う人がいたら、調達してくださるという。
教材に出来るかな?

ところで・・・「クゴ」
ネットで調べても、この植物の名前は見つかりませんでした。
地方特有の呼び方なのでしょうか?

どなたか、この草について、ご存じの方がいらしたら
教えてください。


posted by ふみ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

厚紙の型紙で

今、段ボールの型紙でいぐさや麻ひもで「すかり」を作っています。
縦芯を段ボールに結び付けて作業をし、
最後に結び目を解いて、縁の始末をしています。

その縁の始末が不要な作り方があると会員のSさんが
教えてくれました。
児童館に勤務されていて、その頃に子どもたちと作ったそうです。

上の始末.JPG

左下の工作用紙を2枚合わせて厚紙にして型紙。
切込みを入れて、そこに経糸となる毛糸を巻いていきます。
この巻き方に工夫があって、横糸を下から上まで編み込んでいき
型をはずすと、そのままで上部の始末も不要で袋になるそうです。
可愛らしい、携帯入れにしたいような作品が出来ています。

試す価値ありの方法ですね。
毛糸ではなく、私たちの会にあう素材で挑戦してみたい。

人が集まると、色々な情報が得られ勉強になります。
楽しいことですね〜
posted by ふみ at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅のおみやげ

会員のAさんが出雲の方に旅行に行かれました。
車なので、時間にとらわれず、気の赴くままの行程。
わら細工作品を見つけるとお土産に買ったり、
わらの体験が出来ると知れば、足を運んで受けて来たり。
うらやましい旅をされてきました。
わら細工写真を見せていただきましたが、
ところ変われば、作り方も変わるのですね。

下の写真はおみやげ品です。
長さ12p位のしっかりと綯ってあるしめ縄。

出雲土産.JPG

そしてこちらは「ほうき」長さ15p位かな。

出雲土産2.JPG

材料のわらがきれいで、しっかりした作りでした。
可愛くて素敵なので、年末にでも作ろうという話になりました。

課題を貰って、何よりのお土産をいただきました。


posted by ふみ at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月19日の講習会

長房ふれあい館で講習会がありました。
参加者16名。
課題は「すかり」のバッグです。

皆さん、形になってきました。
編み方に個性が出ます。
細かい作業に嫌気(?)がさして、工夫をして仕上げた方も。
それぞれ素敵な作品になっています。

H作.JPG

上の作品は、4月に入会されたばかりのHさん。
編み物をしていらしたとかで、作るのがとても楽しい様子。
もう2つ目を完成させています。
目をきちきちと詰めないで、一定のリズムの空きがあって
編み目がよくわかる良い作品です。

K作.JPG

編み目の幅を取って、そこにテープ状に布を入れて
「高さ」かせぎをして、仕上げてあります。
凄い工夫をされて、持ち手も同じ布を台紙のように使って
素敵な作品になっています。Kさんのもの。

U作2.JPG

こちらは先生役のUさんの作品。さすがでしょう〜!
ひし形の模様編みが入っています。
この素材、草なのですが、聞いたのですが忘れてしまった。

人の作品を見ると、その工夫に驚かされ、
次は布を使ってみよう。
違う素材のものを入れて、模様編みにも挑戦しよう。など
勉強になりますね。

5月も課題は同じです。
まだまだ、間に合います。
興味のある方は、是非ご参加ください。
お待ちしております。

posted by ふみ at 00:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

麻紐のバッグ

4月5月の課題の「すかり」バッグ。
いぐさを綯って作った次は、同じ段ボールの型を使って
「麻ひも」を使って作ってみました。
麻紐は綯わずにそのままを編み紐に使っていくので、
いぐさに比べて、手作業は少なく、簡単。
そのため、編地を凝ったものにしてみようとエクセルで
模様を考えてみました。

s-IMG_3692麻バッグ.jpg

こんな感じに仕上がりました。
ひし形の模様ひとつが横26目、縦22段と大きいものでしたので
場所によっては、7目とか5目とかの間隔になり、紐がたわむ危険。
机上の図案と実際作品を作った場合とは違いますね〜。
小さい模様の方が編地がしっかりと出来て良いと思います。

さて、次はいぐさを縦芯に使い、横紐を麻紐で、
マチのあるバッグを作ってみたいと思っています。
どんな模様にしようか考え中です。
やってみて、色々な気づきが得られますね。
posted by ふみ at 00:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする