2020年07月02日

円座完成!

今日はK崎さんから、嬉しいメールが届きました。

円座がやっと完成しましたメールです。
作品写真も添付されていました。

DSC_1901kanzaki (2).jpg

円座を自身の手で作りたいと、ネットで私どもの会を知り
いらっしゃいました。
初めて挑戦し、体験講習に2回参加で作り上げたものです。
一定のリズムで編んでいるので、きれいに見えます。
今後、回数を重ねて練習していきますとの、頼もしい言葉も添えられていました。

為せば成る。を見せていただいた思いです。
お手伝いが出来て、喜んでいただけて
私もよい体験ができて幸せです。

作り上げたいという思いを持続すれば、
無理かな〜、出来ない〜と思うことも私に出来るようになるかしら。
頑張らなくちゃ!
posted by ふみ at 22:22| Comment(0) | わら・いぐさ細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

円座、完成!

本日、会員のS村さんから嬉しい便りが届きました。

自粛生活のさなかにコツコツと、作り続けた「円座」が
ようよう仕上がりましたとの報告です。
ご本人は外側が太くデコボコになってしまいました。
と、おしゃっていましたが・・写真をご覧になって下さい。

志村円座 (3).JPG

芯わらも見えず、端正な編み目ですよね。
作品にはその人の個性が出ますね。

外出もままならず、お家に引きこもりの生活、
「わら細工」の趣味があったので、
することがあったので幸せだと思いました。
そうも書いておられました。

支えの一つになって良かった。




posted by ふみ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

7月8月の講習予定

6月は生涯学習センターのクリエイトホールだけでしたが
7月からは長房ふれあい館も利用可能になりました。

7月 4日(土)クリエイトホール 第2創作室
7月15日(水)長房ふれあい館 多目的室1
8月 1日(土)クリエイトホール 第2創作室
8月19日(水)長房ふれあい館 多目的室1


いずれも午後1時から4時半ごろまで
ハサミ、作品持ち帰り用の袋、床に敷いて座るためのレジャーシートを
お持ちください。

体験料は1000円

7月の課題は「牛」来年の干支です。
6月に出来上がらなかった「円座」も
7月の進行状況にもよりますが
8月は縄編みで、「もっこ」型の入れ物とかを考えています。

コロナウイルスの感染拡大防止から、施設の利用条件があります。
蜜を避けるために、部屋の定員数も決められています。


そのため、以前はごl興味のある方は是非いらしてください。
申し込み不要、直接会場へ。と、お誘いしていましたが、
当分の間、体験講習参加希望の方は、事前に連絡が必要です。
先着順で受け付けています。

定員数をオーバーする場合は別の日に振り替えていただくようになります。

ちなみに、7月4日の講習会は定員数に達してしまいました
せっかくご検討されていた方には、申し訳ありません。


希望の方はこのコメント欄に書いていただければ、お返事いたします。





posted by ふみ at 23:16| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

6月20日の講習会

2月を最後にずーっと活動休止だった体験講習会
やっと再開出来ました。

使用にあたっての注意事項や部屋の定員数が限られるなど
以前と同じようには出来ませんが、
Withコロナで、それなりにやっていくしかありませんね。

参加者10名
離れて、思い思いの場所に陣取り
課題の円座に取り組みました。

初めて参加の方もいました。
無心に取り組み、コツコツ編み進めていました。
「なんか。信じられない〜!」
形が少し見えてきて、喜んでおられました。

口に蓋のマスクはしていても、
おしゃべりに蓋は出来なくて、
楽しい時間でした。

次月の課題である「牛」を講師役のU井さんが持参。
「簡単よ〜」と言うけれど、難しそう。
楽しみと不安の課題です。

usuiusi.jpg

長さ10p、高さ8pの大きさ。

下の「牛」は会員のS藤さんがMカリで偶然見かけて即購入されたもの
見ながら、製作も試みた物も持って来てくれましたけど
写真を撮るのを忘れました。残念なことをしてしまった。

IMG_6750 (2).jpg

posted by ふみ at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

6月以降の講習予定

講習会場に使わせていただいているクリエイトホールが
6月8日から利用再開となりました。
それに伴い「わら細工の会」の体験講習も再開です。

使用にあたっての注意事項がありますので
皆様にもお承知おきいただきたく、コピーを掲載します。

-----------------*

施設の利用再開にあたっての留意事項
 1.3密(密閉、密集、密接)を避けてご利用ください。
 2.発熱や咳などの風邪症状のある方は、ご利用をお控えください。
 3.マスクを必ず着用してください。
 4.ご利用の前後に、手洗いを行ってください。
※手指消毒用アルコールの在庫が十分ではないため、極力手洗いによる予防をお願いします。
※部屋の消毒については、利用後に当館で行います。
 5.ソーシャルディスタンス(できるだけ2m、最低1m)を確保してください。
 6.万が一、感染者が発生した場合に備え、団体の代表者は利用当日の参加者の名前・連絡先を把握してください。
 7.3密を避けるため、利用定員は当面の間、従来の定員の2分の1程度に制限しています。
※わらの会で使用する「第二創作室」は15名です。
 8.利用する際はこちらからお渡しする利用条件承諾書に記入の上、ご提出ください。

-----------------*

6月20日(土)クリエイトホール 第二創作室

6月27日(土)クリエイトホール 第二創作室  

7月 4日(土)クリエイトホール 第二創作室

8月 1日(土)クリエイトホール 第二創作室

いずれも午後1時から4時半ごろまで。

6月中は3月の課題であった「円座」です。
途中で止まっている方の仕上げ、これから始められてもOKです。
7月は来年の干支の「牛」を作る予定です。

参加にあたってお願いがあります。

事前に参加希望をください。(人数制限があるため)
通常通りの(ハサミや作品持ち帰り用の袋)の他に
自分が座るレジャーシートを持参ください。

久しぶりの講習会、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。




posted by ふみ at 11:24| Comment(2) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年田植え

先の6月5日の快晴の日に、会の田んぼの田植えを行いました。

IMG_6740 (2).jpg

有志を募ったら7名の参加、指導してくださるM山さんとお手伝いの方2名の
助力を得て、総勢10名。
苗場から苗を取り、田んぼに運び、植え付けます。
1年ぶりのことゆえ、
わらで苗を束ねる方法も、すっかり忘れて・・・
田んぼの感触も忘れて、ずぶずぶと沈む身に腰も引ける...
それでも
のどかな風景の中、久しぶりに仲間と会う嬉しさに
楽しさの方が何よりも勝つ!
作業途中に水分補給のための休憩、
終了後の昼食
控えめに、自粛自粛、と思いとらわれながらもおしゃべり。
他愛ないことに笑い、
何かが自分の中で息を吹き返したような気分になりました。

Sさんが仲間がいる、会とつながっている大切さを
自粛生活の中で感じたと話していました。

新聞の投稿記事にも「学びは集いの中にある」と書いた
人もいました。

自粛生活をそれなりに充実した生活を送っている方も
以前の暮らしに戻れるという希望があるから出来ていることなのかも

アラートが出されたこの状況下で、
皆様のおかげで、ぜいたくな時間を過ごせましたことに感謝です。
お疲れさまでした。

posted by ふみ at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

近況報告3

会のK野さんから、近況報告のメールが届きました。
外出自粛生活の中で、イグサを編んでおられるようです。

”イグサを編みながら川柳ができました。”とのこと。
写真が添えられてありました。

20200413sakura-1.jpg

1 桜見ず ひねもす(終日)ひねる 猫ちぐら いつまで続く 家自粛
 (現状そのまま)

2 ひねれども ひねれども なおわがちぐら 形ならざり ぢっと手を見る
(もちろん盗作、ちなみに石川啄木は生活は裕福だったそうです)

3 良いちぐら 数すりゃできるか 下手鉄砲
(心境そのまま)

4 不出来なら 燃やしてしまえ 猫ちぐら 
(でも少し惜しい。出来の悪い子ほどかわいいと言います)

----------------*

笑っていただけたら幸いです。と、ありました。

桜の写真にため息をつき、川柳で笑わせていただきました。
川柳、上手ですよね〜!
気持ちがホッと明るくなった気分。
ご本人は、苦労しながら猫ちぐらを作っていらっしゃるのでしょうが

私の場合ですが、どうせ作るなら丁寧に、きれいにと
気を配りながら作品作りをするのですが、
作成中のどこかで、完成を早くしたい、見たいという気持ちが出るのです。
結果、雑な部分が形に残ります。
自分でも惜しいなぁ〜と、後悔するのですが繰り返しています。
これって、性格?
でもね、雑な部分が以前ほど雑ではなくなっている⁉
進歩はしているのではないかと、自身を慰めています。
出来上がった作品は粗が目立ち気に入らないのですが
もちろん、捨てられません。

K野さん、いつも元気の出る便りをありがとうございます。

posted by ふみ at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講習会中止のお知らせ

もう、何度このタイトルで記事を書いたのかしら

5月13日、水曜日。長房ふれあい館で予定しておりました体験講習は中止です。

施設の方から連絡があり5月中の利用、禁止になりました。
ついでのように、6月も利用中止にいたします。と、言い添えられました。
と、いうことは長房ふれあい館での講習会は早くても7月になる見込みです。

人との接触を避け、手洗いの励行
睡眠をとる、体力低下に気を付け、
前向きな気持ちで日々過ごし、
会員の皆様にはお会いできる日まで、ご自愛くださいますよう。

posted by ふみ at 21:19| Comment(0) | 講習予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

キリンのわら細工

ネットを見ていて、面白い記事を見つけました。

タイトルが「“わざ”は母から子へ──キリンのワラ細工」

多摩動物園の記事です。2020/3/27
そのまま引用します。

---------------*

多摩動物公園のキリンの中には、
他の個体の足に角をからませに行く癖をもつ個体や、
飼育係の脇のにおいを嗅ぎに来るナゾの癖をもつ個体など、
個性豊かなキリンたちがいます。         

中には、冬限定の行動ですが、キリン舎に敷かれている
ワラを使って「作品」を作る個体がいます

ワラを口に含む行動は多くの個体に見られますが、
そのほとんどが、ワラを口にくわえるだけだったり、
口の中に入れ、結局唾液でベタベタにしてしまったりする個体がほとんどです。
しかし、「ユーカリ」(メス、13歳)はくちびると舌を使って
器用にワラをまとめ、ワラ細工のような作品をときどき作ります

26201_01.jpg

現在、ワラ細工の“わざ”は、娘の「ユリカ」(メス、1歳)に受け継がれています。
ユリカは2019年の冬、キリン舎内にワラを敷き始めた頃から
ワラの束を口にくわえ始めました。
母親のユーカリの口の動きをまねして、毎日ワラの束をくわえて
ワラ細工を作ろうとしています。
しかし、ユリカの作品はワラの束をまとめる工程がたりないせいか、
すぐにバラバラになります

--------------*

詳しい内容は「多摩動物園の記事」というところにリンクが張ってあります。
見てみてください。

動物園はコロナの影響で閉園中ですが、
「ユーカリ」さん親子に会いたいです。



posted by ふみ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんぐりに絵付け

時間があると、何かすることを探している。
今まで手を付けられなかったことなど・・

あちこちに置いてある手作りの材料や道具など片付けることにする。
袋や箱に散らばって置いてあるものを広げる。
どう関連付けて片付けようかと考えているだけで
時間の経つのが早いこと。
始末が悪いことに、片付ける前に、気が移ったりする。

そんなさなかに見つけたのが袋に入った「どんぐり」
どうしよう〜これ・・・⁉

以前「ととろ」もどきを描いたことがある。
また絵付けして、作品のどこかに付けたりしたら可愛いかも〜
と、思い立ってしまった!

IMG_6686.jpg

これで夕食後の夜の時間、3日分費やしました。
楽しかった〜

次にしようと思っているのは
台所を片付けたときに見つけてしまった「竹のトレー」
多分、干物の土産に使われていたものかも。
捨てることができずにあった。
一閑張りにしようと考えています。

3月中は流木を拾ってきて、あれこれしていた。

皆さんは何をして、一人遊びしているのかな?







posted by ふみ at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする