2017年08月22日

小田原バザール

8月19日の土曜日。
小田原城二の丸広場。
お天気は時間を追うごとに良くなり、日が照りつける有様。
小田原バザールが開催されました。その報告です。
出店者数は60軒位。
フリーマーケット、手作り品、食べ物屋さん
産直野菜など業種は多岐にわたっていました。
小田原名物の「ギョサン」を初めて見ました。
漁業関係者が履くサンダルだそうです。

IMG_4313.JPG

4本の通りが出来て、両側に店が並びます。
私達の「わら細工」の店はこれです。

IMG_4308.JPG

午後から人が多く出ましたが、ウインドショッピング感覚。
珍しいとか、懐かしいとか、お話は弾みましたが
作品の売上はさっぱり。
会の宣伝をしても、八王子というと遠すぎるようで・・・
それならと交代で他の出店を見に行ったり、
ヒンメリのミニ体験をさせていただいたり
小田原散歩などを楽しみました。

学橋から見たお堀の風景です。

IMG_4311.JPG

山ブドウの籠や長財布を売っているご夫婦と話をしたら、
福島の三島の工人まつりに、毎年販売の手伝いに行っていると
おっしゃる。篭の価格の仕組みや手に入れるには午前4時ごろから
並んで待たなくては、良いものが手に入らない等、教わる。

PPバンドのカラフルな色合いのテープで大小様々な
ボールを編んで売っておられた60代男性。
サラリーマンから定年を迎え、この趣味を選んだきっかけ、
作品作りのアイデア、今後の展開など、聞かせていただいて
勉強になった。

バザール出店のきっかけをいただいたヒンメリのF田さんは、
近頃、竹細工の「神酒口」に関心があるようで、
私もその美しさや精巧さに惹かれて福生の郷土資料館の
催し物に行ったりしたので話しが盛り上がった。
彼の作った作品をいただいてきた。
形作る前の竹の処理が技巧を要するようで、独学とは立派!

そんなこんなで、結果、楽しい一日を過ごしてきましたよ。










posted by ふみ at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

小田原バザール

今日は久しぶりのお日様でしたね。
雨ばかり続くと、気分も下がります。
そして、今何より気になるのが土曜日の天気です。
今週の土曜日19日に神奈川県の小田原城二の丸広場で
ライブイベントと同時開催のフリーマーケットが開催されます。

そこに出店します!

「ヒンメリ」を教えに来てくださったF田さんのご縁で
お誘いを頂きました。
彼も出店し、ミニ体験も開くと聞いております。

雨天決行ですが・・・
雨だとね〜 

小田原で活動するグループが、自分たちの街を盛り上げようと
定期的に開いているバザールのようです。
ご当地グルメや、様々な作家さん達の手作り品が並びます。

楽しんで来ようと思っています。

小田原城は改修工事をして、リニューアルしたとか、
興味のある方は、是非、お出かけください。
posted by ふみ at 00:12| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

アサココに掲載

9月5日〜10日まで開催する作品展のお知らせが
多摩地域のタウン誌「アサココ」に掲載されました。
8月17日号の4面、インフォメーションの「ギャラリー」の
コーナーです。

IMG_4307.JPG

「アサココ」のご担当者様。
お取り上げ頂きまして、ありがとうございます!

この記事をご覧になって、一人でも多くの方にご来場いただけると
うれしいです。

お待ちしております。

posted by ふみ at 23:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

会員さんの作品

今日(8月9日)の講習会にも、出来上がった作品を持参して
皆に披露してくれましたものが、いくつかあります。

スカリのバッグが2点。
下の作品はS藤さんのもの。
細い革ひもを使っていて、とってもおしゃれな肩掛けに。
こういった手芸用のアクセサリを上手に使っているのを
見せていただくと、良い参考になります。

s-IMG_4290.jpg

次の作品は今年入会したばかりのM田さんのもの。
藤細工もやっていらしゃって、作ることに手馴れています。
バッグのアクセントに使った茶色の織り紐は「チョマ」
だそうです。ご自宅で栽培しているとか。
自然の物の組み合わせは素敵!
きれいな仕上がりですね。

s-IMG_4291.jpg

次に紹介するのは「いぐさ」で編んだコースターです。
「スカリのバッグ」の時も、先月の「花入れ」の時も
「いぐさ」を綯う作業が多く、熟練したのかな?
綯うことが、苦にならず、楽しいと、おっしゃるH染さん
彼女の自由作品です。
五角形に釘で支点を作り、いぐさで編んだ細縄を
回し編みしていくそうです。
均等に編めている細縄、バランスの良い形、素敵な作品です。

s-IMG_4293.jpg

綯うことの技術だけでも、様々な作品が出来ますね。
現代に通用する「わら・いぐさ作品」の可能性の広がりが
感じられ、教えられます。
作り方のプリントをいただいたので私も作らなくちゃ!
posted by ふみ at 23:04| Comment(0) | わら・いぐさ細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月9日の講習会

今月の課題は「布ぞうり」。
参加者21名。

課題の布ぞうりはわら草履を作る時と同じ方法で作ります。
針や糸を使わず、「わら」の代わりに布が使われるだけ。
年に1度か、2年に1度、課題に取り上げるので
会員さんの中には、経験者もいらっしゃるのだけれど、
何故か、新鮮!?
「ふーん、そうか〜」 新人さんと横並び発言。
やはり、久しぶりだと忘れてしまうのですね〜〜

芯縄にはPP紐を使います。
布は新しい布を買ってこなくても、
お家にある不要の布やシーツ、浴衣などでOK
洗濯可能な丈夫な「ぞうり」が出来ます。
頑張れば、1回の参加で仕上げられますよ。

興味のある方は26日(土曜日)、クリエイトの講習会に
お越しください。
お待ちしております。
posted by ふみ at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

10月生涯学習フェスティバル参加決定

10月28日にクリエイトホールで行われる
市制100周年行事の生涯学習フェスティバルへの
参加が決定しました。
7月21日午後6時に市役所の会議室で抽選会が行われました。
前回は参加団体が多く、部屋は人と熱気ですごかったのに
今年は整然として、何か拍子抜け!?

ま、ともかく作品展示とミニ体験を開いて会の宣伝が
出来るのだから喜ばしいこと。
来てくださる方に楽しんでもらえる、ミニ体験を考えなくては。
また、開催近くになったらお知らせします。
posted by ふみ at 00:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食用ほおずき

22日の講習会に会員のH染さんが持って来てくれました。
聞くのも、見るのも、もちろん食べるのも初めて!

s-IMG_4267.jpg

皮は枯れたようにかさかさしていて、
それを剥くと丸い粒の実があって、そのまま食べられる。
お盆の頃に出回り、口に含んでピーピー鳴らすほおずきとは
サイズも色合いも違うけど、ほおずきとしか言いようのない形。

ネットで探ってみたら
-------------------*
ほおずきを食べる習慣は日本では少ないですが、
ヨーロッパではスイーツの材料やジャム、サラダ、肉料理の
付け合せと様々な料理に利用されるポピュラーな存在です。
何とも言えない独特で濃厚な甘酸っぱさがあり、美味。
とてもナスの仲間とは思えないです。
日本でもここ数年、珍しいフルーツとして徐々に
知られるようになり栽培を本格的に始めた地方も
増えてきているようで、今後、人気が高まるフルーツです。
その味や見た目から、「ストロベリートマト」
「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」
「オレンジチェリー」など産地や生産者によって
色々な名称で出荷されています。----------------**

何か、また一つ、物知りになれた。

参加者、皆にいきわたる程、持って来てくださって、
いただいた。
珍しいもの食べて、また少し長生き出来ちゃうね〜と、
盛り上がった。

おかげさまで、色々な経験をさせてもらえて感謝です。
ご馳走さまでした!









posted by ふみ at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

にわとりのペアー

22日の講習会に、家で作ってきたとおっしゃって
「にわとり」のめんどりを持参したのはS村さん。
いつも、どの作品も納得のいくまで、作り直し、
きちんとした作品に仕上げる方です。
以前に「おんどり」を作り、その形は新聞に出ていた写真を見て
形作ったという独創的なものでした。
出来が素晴らしいので、写真に撮らせてもらい
9月の作品展のポスターにも掲載予定です。
その雄鶏の奥さんが出来たというわけです。
作品展ではペアーで出品していただきます。

s-IMG_4265.jpg

まだ、めんどりの産んだ卵の大きさに迷いがあって、
さらに進化しそうです。
「もう、2度と同じものは作れない」と、おっしゃいますが
1度でも作り上げたチャレンジ精神は素晴らしいものです。
posted by ふみ at 23:38| Comment(0) | わら・いぐさ細工作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月22日の講習会

暑い日が続く。
めげずに参加者19名。
課題は「花入れ」
出来上がらない「すかり」に取り組む人、「花入れ」の人
U井先生のの周りで、何やら自由課題に取り組む人。様々。

出来上がった「すかり」をS田さんが持参して見せてくれた。

s-IMG_4266.jpg

これまた、素敵!
色の変わった編み糸は「竹の皮」だそう。
中段の4本交差した大きな模様を竹皮でクロスにして押さえてある。
アイデアで良い模様になっている。
バッグの開口部の止めボタンにしているのは丸枝に穴を開けている。

作り手によって、千差万別の作品が出来上がる。
こういったスタイルがうちの会の特徴かもしれない。
基本的な手法を共有したら、あとは個々が考えて作っていく。
それを見せてもらって、またアイデアなり、技法を共有する。
より、クオリティの高い作品になっていく。
刺激的で楽しい!

今日はうれしい出来事がありました。
会員さんがまた一人増えました。
その方、長野からいらしたのです。
「花入れ」を作り、「右綯い」を覚えました。
遠くから電車賃やらホテル代をかけて、いらっしゃる。
その行動力に、びっくりです。
楽しい時間と、少しの発見をお土産に持たせられるよう
気を引き締めないといけないね〜
来てくださる皆さんに、思うことです。

posted by ふみ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共同制作1回目

7月19日(水)長房ふれあい館で9月の作品展に出品する
共同作品を有志が集まって作る初日。
集まってくださったのは9名。

s-IMG_4262.jpg

男性1体と犬を制作予定。
冬にU井さんにお願いして、ご実家の竹を切ってもらっておいた。
それを骨組みにして、頭部や手、体をわらで作っていく。
I上さんは着せる着物をフリーマーケットで購入しておいてくれた。

共同制作も3回目となると、何だか手馴れて来て
自然に役割分担が出来、進む。
意見も活発に出て、
顔の形が悪いとか言いながら手直ししたり
体が貧弱だとか、手の位置がどうだとか
足は2本脚を作って、草履を履かせよう〜!
ぞうりは竹の皮で作ったら、色合いも変わって素敵だの
ぞうりは得意なM山さんに作ってもらおう〜とか
皆が、ワイワイと騒ぎながら思いつくことを述べ
イメージが形になっていく。
今日はここまで出来た!
何だか仲の良いお友達のような写真になった。

s-IMG_4263.jpg

また、この日は武蔵野美術大学の方が2名来て、
10月に大学内のギャラリーで開かれる「しめ縄展」の
パンフ制作のために、顧問のO先生が「ごぼう締め」を
作る様子を撮影にいらした。
照れながらしっかりとした「しめ縄」を綯いあげていた。
どんな写真が使われて、どんなパンフが出来るのか楽しみ。
また、開催近くになったら、お知らせしますね。




posted by ふみ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする